効果が高いモノは劇薬と同じです

2014年 11月 26日

カテゴリー: 心と身体,精神世界

経済政策でも、これは劇薬ですと解説されていることがあります。
この状況で、この理論を使うと
・良い効果を生むかもしれないけれど
・方法を間違えると大きなダメージになる
期待できる効果は高いけれど
上手に使わないと破綻するかもしれないということですね。

女性のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント加藤勢津子です。

 

効果が高いけれど劇薬というのは
さまざまなジャンルであることですね。

かつての
・社会主義・共産主義VS自由主義・資本主義
もう結果が出てきていることですが
これも理論と方法論にそって進めていくと起きる結果を
具体的に見せてくれたということらしいです。

 

心と身体のジャンルで言えば、わかりやすいのが漢方薬の世界でしょうか。
西洋医学の新薬でなくて
身体のバランスを考えた漢方薬は
身体に優しいイメージがあると思うのですが
いかがでしょうか?

私も漢方薬を処方してもらったことがありますが
奥が深い世界ですね。
使う素材も植物だけではないし
身体のシクミの知識も必要です。

毒にもなる素材を使うこともあるし
えっ?と驚く素材も使われています。

・穏やかに効果をだす
・ピンポイントで即効性を期待する
どんな処方にするかもさじ加減だし
服用する日数や成分を切り替えるタイミングとか
話を聞いていてレベルが高いな〜と思いました。

 

心の世界でも同じことが言えると思うのですね。
最近では昔から
「秘教」「秘伝」とされていた知識
活用されていることが増えているようです。

t02200165_0800060011742989451

 

 

 

 

 

権力者が自分たちのために秘密にしていたというのは
本当のことではあるけれど
「効果が高いモノは劇薬」と同じです。

やはり、それなりの知識や体験が必要なことってあると思います。
お坊さん、神職、修行者・・・。
光の世界だけでなくて闇の世界を扱っています。
心の浄化やエゴの手放しがなければ難しいジャンルです。

 

恋愛のおまじないも可愛らしいものに思えますが
心を豊かにすることもできれば
執着の黒魔術にすることもできるのですね。

 

潜在意識の世界も同じです。
心理だけでなくて、ビジネスや自己啓発にも使われていますが
クライアントさんとの一体感のもとに進んでいきます。

トランスやヒプノという催眠状態は
効果が高いけれど劇薬と同じではないかと思うのですね。
どんな情報をそこで取り入れるか〜
どんな体験をするかが大切です。

 

ひとつの理論やメソッドを短期間で学んだだけで
プロとしてすぐに活用できるかは
学んだ人の状態によるのではないかと思うんです。

たとえばお経を一つ暗記しても
お坊さんにはすぐにはなれないのと
似ているかもしれないです。

たくさんの学びの機会がある現代社会ですが
自分が学んでいるモノの
本質を理解することも欠かせないことだと思います。
仕事にしたときは他人への影響が大きいですね。

 

 

日々の流れのなかの節目なんだと思います~新月と満月の出来事

2012年 8月 19日

カテゴリー: 精神世界

強い夏の日ざしの東京です。
空の青さはとても綺麗ですが 暑さには注意ですね。

昨日の新月は雷雨になったところも多いようです。

私が自宅を出るときは 稲光と雷の音がしていたので
ちょっとお天気を心配したのですが 
目的地についたときは雨上がりの日ざしが綺麗でした。

あなたは浄化の雨って聞いたことがありますか?
スピリチュアルなセレモニーの前や 旅行に行くときに
大雨が降ると「浄化されたのね」なんて言われることがあります。

浄化=大掃除して清める・・・そんなイメージだと
わかりやすいかもしれませんね。


とくに昨日は新月だったので
雷雨のあとの晴れの天気に「浄化と祝福」のイメージが重なりました。


新月や満月の祈りや願い事をすることが広まっているし
何かの決意や節目を意識する人もいるんじゃないかと思います。

グレゴリオ暦 旧暦 月の満ち欠け・・・。
どんな暦を意識するかで その人の意識にも大きな影響があると思うので
新月や満月を意識すると効果はあるんじゃないかと思います。

あ でも お財布フリフリだけじゃないですよ~。

やっぱり その日までに どんな流れがあったかということなんだと思うんです。

悩んでいる人は 答えを求めて試行錯誤の時間があったと思うし
何かのスタートのための準備をしていた人もいるかもしれませんね。

だから 新月になって 満月になって
何かが急に起こるんじゃないんだと思いませんか?

それは日々の暮らしの流れの中の節目といってもよいし
節目にはいろいろな出来事が表面に出てきやすいということなんでしょう。

あなたの生活の中で 最近はどんな出来事が印象的ですか?





昨日のお出かけはスマイルフォトコーチ渕上真由さん
「おいしい!」を写真にするフォトセミナーでした。



久しぶりに一眼デジカメLumix で綺麗な写真が撮れて嬉しいです。
デジカメが賢過ぎて私の記憶力がついていかないです。



そして この写真はiphoneでも綺麗に撮れる方法を教えてもらって
チャレンジした写真です。







【40代の女性が自分らしさを取り戻すための個人セッション】
(1)シンボリックウィズダム
シンボリックセラピー、心理カウンセリング、イメージワークを
セッションの内容にあわせて使います。
1時間 15,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル2時間まで)

(2)ホ・オ・ハッピー
シンボリックウィズダムに身体と心の緊張を緩めるボディーワークのドナリ
ス・シャッフルを組み合わせるので、過去をさかのぼるヒプノとこれからの人
生プランをトランスを使って現実に変化をもたらしていきます。
2時間 20,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル3時間まで)



セラピスト 2012年 06月号に掲載されました。ご覧ください。

⇒お申し込みはこちら
からおねがいいたします。
 
シンボリックセラピーにより潜在意識に眠っている 才能・可能性を引き出すサロン タオファー35

タイムリーなオーラソーマセッション〜シンボルと潜在意識と人生プラン

2012年 8月 10日

カテゴリー: 精神世界

物事がスムーズに動かない(見直しとかにはいいですよ)といわれる
水星の逆行が8日で終わり 気持よくスタートできる9日に
オーラソーマの初セッションを受けてきました。


20代からいろいろと勉強してきましたが 私の好きな心理学者はユングです。
ユングの著作には 瞑想も夢診断もあるし「錬金術とオカルチストたち」なんてスゴイでしょ?
神秘学全般をカバーしている人です。

なので 私もこの世界の人たちとお話しするときは楽しいオフモードです。

実は 私のHPやブログの色は
オーラソーマ99「イクイリブリアム(大天使ザドキエル)」なんです。


だけど 香りも使ったふつうのセッションは初めてでした。
閃きで橋本恵さんのサロンに行ってきましたが
占星術やタロットパスワークの先生が同じだったんですね。



オーラソーマはイギリスのカラーセラピーです。

100本以上のカラーボトルから直観で4本を選びます。
その4本から心理状態 才能 未来の可能性などを知る手法ですね。
人間界(色彩)・植物界・鉱物界の3つの要素があるので スピリチャルなカラーセラピーです。

「何でこの色を選んだのかわからないわ~」というセッションのスタートですが
これは 私のお仕事と同じです。
わからないほど 気づきが大きいんじゃないかと思います。


人生の学びや使命 目的は51(クツミ)
ギフトや才能は74(トライアンフ・勝利)
今の状態は24(ニューメッセージ)
未来の可能性は101(大天使ヨフィエル)


メッセージには私のお仕事のコンセプトがしっかり出ています。

目には見えない世界をどう現実に落としこむか・・二重構造の意識で生きることが
大切だという思いが結果に出ています。

わかりやすくいうと
現実の生活も物質的なもの以外も
同時に大切にして生きましょうということなんですね。


陰陽や女性として生まれたことを大切にしましょうという仕事のテーマも出ています。

占星術のホロスコープや パスワークやヒプノのビジョンを組み合わせると納得です。
私が占いや心理学や宗教をいろいろと勉強した理由は
たとえば「一つの真理があるとしたら 人はそれをどういう方法で追求したか」なんです。

ひとつの山に登るにもたくさんのルートがあるように
真理に近づくためにはたくさんの側面からのアプローチが必要なのかもしれません。


ポマンダーのイエローには私の会社名のシトリンがクリスタルエネルギーとして入っているし
極めつけはプレゼントで選んだ香りです。
マゼンダとターコイズのコンビで「流れとともに行く」


 
【40代の女性が自分らしさを取り戻すための個人セッション】
(1)シンボリックウィズダム
シンボリックセラピー、心理カウンセリング、イメージワークを
セッションの内容にあわせて使います。
1時間 15,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル2時間まで)

(2)ホ・オ・ハッピー
シンボリックウィズダムに身体と心の緊張を緩めるボディーワークのドナリ
ス・シャッフルを組み合わせるので、過去をさかのぼるヒプノとこれからの人
生プランをトランスを使って現実に変化をもたらしていきます。
2時間 20,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル3時間まで)



セラピスト 2012年 06月号に掲載されました。ご覧ください。

⇒お申し込みはこちら
からおねがいいたします。
 
シンボリックセラピーにより潜在意識に眠っている 才能・可能性を引き出すサロン タオファー35

祈りのエネルギー

2009年 4月 10日

カテゴリー: 精神世界

今朝は、天皇・皇后両陛下 ご結婚50年記者会見全文を読んで
感動していました。
イデオロギーや歴史的背景、政治の裏事情は横に置いています。
依存や服従、現世利益ではない純粋な祈りって何だろうと
考えていた時期がありました。
無私無欲であること。
自我から解放されてコントロールのないこと。
慈愛に溢れていること。
揺らがない信念。
育む力・・・・。
あれこれと考えていた頃に皇室のニュース映像か写真を見たのだったと思います。
皇后陛下の眼差しに憧れてしまうような祈りのエネルギーを感じました。
それからは、会見のニュースは興味をもって読んでいます。
狩猟民族も農耕民族も海洋民族も神に祈りを捧げていました。
日本でも古代には審神者と巫女が国を統治していた時代がありました。
それは戦いのための祈りもあったでしょうけれど
人々が生きていけるようにという願いですね。
私が今日の記事で感動したのは、いつものように感じる祈りのエネルギ―とともに
深い洞察力と確かな判断力についてでした。
時代の流れとズレがないのですね。
特に伝統についてのご感想は的確です。
私自身はかつて、もうこれ以上一歩も進めないと全てを天に投げた時に
「神様は本人が負える以上の重荷を与えないはずではないですか?
 これ以上、何を要求されるのでしょうか!」と神(根源神)に文句を言ってしまった
情けない過去があります。
精神世界や宗教などをさんざん学んできたのにです・・・。
重たい波動の祈りをさんざんしていたのですね。
少しずつ、少しずつでも、ふんわりとした柔らかなエネルギーになりたいと
願っています。