ヴィーナストランシットが教えてくれたこと

2012年 6月 06日

カテゴリー: 瞑想

高尾山薬王院でシンボリックのひなたさん
ヴィーナストランジットメディテーションワーク in 高尾山に参加してきました。

お話と2回のメディテーションは 本当に楽しい時間でした。
クライアントさんの誘導のお仕事も楽しいですが
たまにはゆったりと誘導してもらうのもいいですね。

雨模様の平日の高尾山は人手も少なくて
ご本堂のお参りも静かに済ませることができました。



今日は不動明王に一番魅かれました。

ヴィーナストランシットについては 以前こちらに書きましたが
私にとっては過去の 金星がシンボルになっている女神たちの
エネルギーを感じるのが願いでした。

日本でも古代には女神・女王の時代があったと言われます。
歴史的には母系社会の民族がその名残なのではないかと思いますが
古代史を調べていると隠されてしまっているようです。

隠されている金星・星信仰や女神の時代をシンボルだとすれば
太陽の前を金星が通過するということは
隠されていたものが浮かび上がるということだとも言えますね。

今日は占星術の研究をしている田口光代さんも一緒に参加していたので
ピッタリだと思いホロスコープ解読をしてもらいましたが
やはり 一致するんですね。

女性 母性 がキーワードになるのだけれど
かなりパワフルです。
人のレベルの女性や母性だけではなくて もっと大きな視点が必要なようです。

これを日本に置き換えてみると 震災の復旧もまだ終わらないし
経済の見通しや社会の状況も混沌としている中で
いったい何が表に出てくるのかとても興味深いです。

だけど 社会をつくるのは
私たち一人一人の意識でもあります。

私たち一人一人が「私にとって大切なものは何でしょう」と
考えてみることが必要なのかもしれません。

どこか 人に流されてはいないだろうか?
損や得かで動いていないか?
そんなチェックもしてみるとよいのでしょうね。

母性や大地母神のイメージからは
正直に生きることや愛情の循環を感じるのですが
あなたはいかがでしょうか?







薬王院の美味しいお食事には
一人一人違ったメッセージがついているのですが
あまりにも当たるので大笑いになります。

私のカードは「約束は必ず守ること」
かなりの量の文章の作成が延び延びになっているので反省。
締め切りを設定したほうが良さそうです。



40代の女性が自分らしさを取り戻すために
「妻・母」の役割を生きてきて40代になったときに
心から幸せだと思える人も多いでしょうね。
だけど妻の顔 母の顔を演じていて
本当の自分を犠牲にしていると思う人もいます。

そんなときには 自分の潜在意識の情報を読み解き
本来の自分のあるべき姿を見つけ出していくことが大切です。

自分らしく生きるということは ストレスをためない生き方につながるので
今までの役割もこなしながら新しい自分を見つけることにもつながります。
それは 同時に女性としての幸せの一つアンチエイジングにもつながるのですね


40代の女性が自分らしさを取り戻すための個人セッション
シンボリックセラピー、心理カウンセリング、イメージワークを
セッションの内容にあわせて使います。
1時間 15,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル2時間まで)


ホ・オ・ハッピー
シンボリックセラピーに身体と心の緊張を緩めるボディーワークのドナリス・シャッフル、
心理カウンセリングを組み合わせた大変お得なコースです。
2時間 20,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル3時間まで)


セラピスト 2012年 06月号に掲載されましたご覧ください

お申し込みはこちらからおねがいいたします。

シンボリックセラピーにより潜在意識に眠っている 才能・可能性を引き出すサロン タオファー35

世の中の進化と向上に尽くすために~天風さんの実践哲学

2011年 5月 22日

カテゴリー: 瞑想

facebookでお友達になった方から教えていただいた
「天風会」に行ってきました。
中村天風さんの教えを「潜在能力開発講座」の中で
ダイジェスト版にして講座にしているのですね。

自分の仕事にも繋がるし、一番興味があったのが瞑想でした。
インドのヒマラヤで3年間瞑想修行をして、
日本に初めてヨガを伝えた方です。

音を使う瞑想でしたが、体験して絶句です・・・バイノラルビートだ!
チベット式の片鼻呼吸にプラーナのイメージを加えた呼吸法を、
ゲーリー・ボーネルさんのところでは
アカシック読みの基本トレーニングにしています。

この呼吸法は脳のバランスを崩すので、イメージビジョンに
感情が与える影響をカットできます。

へミシンクのバイノラルビートは左右の周波数を機械的に変える信号音です。
天風さんのは、ブザーと鐘の音を変化させたものを使います(^^)v

神秘学や神仙道や精神世界研究家の男性たちからは、
必ず中村天風さんの名前が出る意味がわかりました。
ヨガ(結びつける)哲学、実践哲学と天風会の方は言いましたが、
これを1920年から講義しているんですよね!

世の中の流れの100年近く早いです(゜o゜)

1980年代から広まりだした精神世界~今にいたるまでの
啓示・啓発書と同じことを伝えています。
原型とも言えるくらいです。

天風さんを語るときには、日露戦争から旧満州にいたるまでの、
歴史のパンドラの箱を避けられないのであえて近づかなかったのですが、
その時代を越えてきたからこそ多くの人たちの心を動かす智慧と大きさを得ることが
できたのだと思いました。


あなたの心の声を聴くためには
シンボリックセラピー個人セッション
あなたの潜在意識の中にある「幸せになる(成幸する)」「成功をつかむ」「夢をかなえる」ための
ヒントになる情報を解読し、分析してお伝えします。
シンボリックセラピーを受けることで、あなたご自身の意思で心の状態を穏やかに保てるようになります。

1時間 15,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル2時間まで)

ホ・オ・ハッピー
シンボリックセラピーに身体と心の緊張を緩めるボディーワークのドナリス・シャッフル、心理カウンセリングを
組み合わせた大変お得なコースです。

2時間 20,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル3時間まで)

家庭内コミュニケーションのための個人セッション
家族とのコミュニケーションで悩んでいるけれど、自分一人ではどうしたら良いかわからない。
そんなあなたのための個人セッションを企画しました。

15,000円(全3回。1回1時間の個人セッション)

お申し込みはこちら からおねがいいたします。

満月の瞑想~世界中に愛を送る

2011年 4月 19日

カテゴリー: 瞑想

天秤座の満月でしたね。


天秤座は私の太陽星座で11ハウスです。

昨年から新月や満月が、ネイタルのホロスコープで

アセンダント、MC・IC上やその近くにヒットすることが多いです。


この満月で流れが変わった体感はあります。

これからがまた楽しみです。


今日の満月の瞑想はfacebookのイベントにあった

愛をテーマにした瞑想に参加してみました。


朝からちょっと時間が押し気味だったので、イベントを忘れていました。

電車の中で急にipodで聴きたくなった曲です


シンボリックセラピーにより潜在意識に眠っている 才能・可能性を引き出すサロン タオファー35

レイキの練習に使った曲で、その後も時々聴くことがあるので

瞑想状態に入りやすい曲です。


駅についてiiphoneをチェックすると、イベントの開始時刻がまもなくでした。

忘れ物があるというお知らせだったのでしょう。


どこで瞑想をするか、ちょっと悩みました。

横尾忠則さんは、古くからの瞑想愛好者です。

どこででもしたくなったら瞑想に入ると読んだことがあります。


外出中の東京では場所を探すのが難しいですね。

半跏趺坐なら変わった人に見られるでしょうけれど、

普通
に座って瞑想していたらただの寝ている人にしか見えないです。


好きなときに瞑想してよいと、イベントの案内に書いてありましたが

せっかくの一斉瞑想なのでショート瞑想でなんとか参加しました。


夜になってロング瞑想をしましたが、瞑想状態に入りやすい日ですね。

生活の中に瞑想タイムを取り入れると自分軸を取り戻しやすくなります。

瞑想の仕方はいろいろあるので、お気に入りの瞑想を

持つといいですね。


浄化する瞑想 そして人と繋がっていく

2010年 11月 21日

カテゴリー: 瞑想

今月はまだ瞑想会に行っていないことに気づいて

サイ サンヤ瞑想会に行ってきました。


サイ サンヤは自己浄化の瞑想ですが

やはり、場が作られていると効果は違います。

自分の中にある余分な感情を手放すことによって

自分のセンターにグランディングできます。


簡単にいえば、頭の中のおしゃべりが止まるので

地に足のついた、自分らしい行動がとれるように

なるのですね。


そうなると、例え現実の生活の中で葛藤している

問題を抱えていたとしても

そこから一歩離れることができます。


そして自分のセンターに戻ることで

自分らしさ・自分を主体にした視点から

ものを見ることができるようになります。

そうすると現実が変わっていきます。


相手の言動に振り回されなくなるのですね。


来月の瞑想会では、タイの寺院で行われている

ろうそくの炎を使った浄化の瞑想をしてみると聞いて

ワクワクです。


多くの国で浄化に火は使われますが

この瞑想では参加者が手を繋ぐらしいです。

聞いたことがない・・・。

「参加すると火の神々に浄化してもらえるのですか?」

そんな質問をされたかたがいらっしゃいましたが

「自分で浄化する瞑想です」との答え。


人と人が繋がって、それぞれ自分自身を浄化する。

どんな瞑想なんでしょう。


最近では、人が繋がってこそ仕事も生活も

発展していくという声を聞くことが多くなりました。


自分がその関係の中で何を貢献できるかという

意識が大切なのでしょう。

繋がることによって、一人よりも可能性が広がっていく。

自分の予測を超えたものに出会えることが

成長であり楽しさなのだと思います。

サイ サンヤ瞑想会

2010年 10月 08日

カテゴリー: 瞑想

巣鴨にあるランナータイ の瞑想会に行ってきました。

ランナータイのソム先生は

政府公認オールドメディスンマッサージスクール主任教授を

されていた方です。


チェンマイにあるジャプーヒーリングの寺院に

長くいらしたそうです。


瞑想には、空に入る瞑想や描いたヴィジョンに同調する瞑想。

いろいろな瞑想がありますが

サイ サンヤ瞑想は浄化の瞑想と言えそうです。


サイ=長い時間・永遠

サンヤ=約束


今年の初めにサイサニャーナ瞑想という名前を聞きました。

この瞑想は、初めに誓いのセレモニーがあります。

「自分の持てる知識や技術を使い、いついかなるときでも

 助けを必要とする人に手をさしのべる」


そのためには自分自身の浄化が必要で

瞑想やジャプーヒーリングを用います。


仏教国タイというか、たくさんの神様がいるとされるタイ。

ソム先生は、瞑想会のはじめにはいくつもの祈りを

捧げます。


ランナータイでの瞑想会は2回目ですが

サイ サンヤ瞑想は、自分自身のクリアリングでした。

そしてそれをすることでできることが

最初に知ったセレモニーの誓いの内容ですね。

意訳になるのかもしれないです。


チェンマイのジャプー寺院では空、風、火、地、水の

5大要素を使ったヒーリングがあり、日本でも行われます。

ソム先生はボーンナイフがお上手です。


特別な力があるらしい、雷が落ちた木でつくられた

ナイフを使っていますが

これは痛いです。


スモークヒーリングは慣れて好きになりましたが

ボーンナイフはかなり決意が必要です。


シャーマニックなヒーリングですが

これは、タイだけではなくて

中国やその他のアジア。

そしてネイティブアメリカンにも

同様のものがあるようです。



現実が変わるときに、瞑想はかかせない

2010年 5月 26日

カテゴリー: 瞑想

毎日の暮らしが大きく変化しているという声を

よく聞きます。


政治経済・社会がこれだけ動いているのですから

それと同じエネルギーの中にいる私たち個人にも

影響は出てきます。


現実が動くときには、必ずしも自分の好みの出来事が

起きるわけではないですね。


目の前の出来事に良い悪いのジャッジを

したくなるときには

自分の感情や身体の変化を見てみましょう。


怒りや悲しみといった感情のまま

変化に対応しようとしても良い結果は生まれにくいでしょう。

もっと望まない方向に進むのは惜しいです。


私は瞑想が手助けになります。

今日は第一チャクラに対応するマントラの瞑想と

活性化や気づきを促進するジャプースモークヒーリングで

自分のバランスを整えました。


第一チャクラは、土台を作るのに大切です。

深い瞑想に入れて、結構イイ感じと思った瞬間に

喉につまりを感じました。


喉というのは自己表現や伝えるということです。

自分の思いをスムーズに伝えられないとき

そして変化のときにも、声がでなくなることがあります。


もう少し整えた方がよいと思い、第二チャクラ対応の瞑想を

続けました。

第二チャクラは愛と豊かさです。

丹田の場所なので、第一チャクラの瞑想とともに

グランディングに効果があります。


瞑想でもなんでも良いのですが

自分の感情や身体のバランスに気づいて

整えるものを持つといいですね。


社会が大きく動いているのは止まらないので

個人のレベルでも大きく変化する人は多いでしょう。

自分の生き方に関係なく目の前に

いろいろと起きることがあると思います。


そんなときに気づきや本来の自分に帰れる方法を持つと

感情や思考・行動反応は自分の責任だと思えるようになります。

責任というよりは、むしろどんな反応を選ぶのかは

自分の自由だと気づくのではないでしょうか。



【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース



アイデンティティをつくる ボン教のゾクチェン瞑想

2010年 5月 17日

カテゴリー: 瞑想

パスワークのメッセージがきっかけで通うことになった

ゾクチェン瞑想会です。

チベット仏教のニンマ派のゾクチェンではなくて

ボン教のゾクチェン瞑想を学べるのは、日本で唯一

森さん の瞑想会のようです。


シャンシュン・ニェンギュという経典の解説と

空(そら)の瞑想をします。


私たちの生活の中では、気づかないうちに使っている

仏教用語や各宗教用語があるのですね。

教科書で、大乗仏教・小乗仏教とか学習しているものの

興味がなければそこで終わりです。


講義を聞いていると奥が深いし、自分の知識が曖昧だったと

気づかされます。

「ありのまま」という言葉をとっても

顕教・密教・ゾクチェンでは解釈が違うようです。


そして私たちが読んだり聞いたりしている

スピリチュアル・精神世界・心理などの解説も

みんなが理解できるように説明するために

それぞれ工夫されています。


時間と地域を超えている。

東洋と西洋の違い。

唯一神、多神、アニミズム、シャーマニズム。

アカシックレコードへのアクセス。

個人的なチャネリングや啓示。


意識して学ぶことをしなければ

私たちが得る知識というのはいろいろなものが

混ざり合っています。


熟成されているものを取りこむことができるし

その違いに混乱することもあります。

だけど自分のアイデンティティを確立するためには

欠かせないものです。


社会の中で、家庭の中で

コミニュケーションを潤滑にするためには

自分を知って参加することが大切です。

ゾクチェン瞑想教室 空の瞑想

2010年 3月 07日

カテゴリー: 瞑想

昨年のパスワークで受け取ったメッセージの一つに

「チベットの仏教の前の宗教」というのがありました。


調べてみるとボン教。

そのときに検索できた瞑想教室が

ゾクチェン瞑想教室 でした。


主催者の森さんは日本人ですが

ネパールで学ばれた方です。


今日はゾクチェン・シャンシュンの教えを解説していただいて

おぼろげながら理解の一歩を踏み出した感じでしょうか。


初めて体験したゾクチェン瞑想は不思議な体感でした。

今日のお教室の間取りが、ゾクチェン瞑想にはぴったりと

事前に聞いていましたが理解できていませんでした。


「空の瞑想」

くうではなくて、そらの瞑想です。

教室は部屋の三面が窓。

傾斜屋根の一面は大きなガラスが斜めになっていました。


残念ながら、外は雨で薄暗くて

建物と空のシルエットが区別できるだけでした。

本来は青空を見つめ、それと一体になる瞑想のようです。


普通の瞑想は目を閉じるし、禅は半眼です。

空の瞑想は瞬きをしないで永遠の彼方を見る。

首はやや曲げるのですから

自宅でこの瞑想ができるようなら、恵まれた環境ですね。


チベットの自然環境だから生まれた瞑想なのかと思っていたら

オーストラリアのアポリジニにも同じ瞑想法があるようです。

イオンカ奏者のマーキー君 が以前

「チベットとアポリジニの世界観は同じなんです」と言っていたのが

これなのでしょう。


奥が深いです。

理解できるのに10年というのは本当かもしれない。


瞑想後の体感としては解放感・手放し感が

とても強い感じがしました。

本当の青い空を見つめてゾクチェン瞑想をしたら

どんな心持になるのでしょうか?


タイ古式マッサージ ジャプーヒーリング&ボーンナイフ

2010年 2月 13日

カテゴリー: 瞑想

昨日、瞑想友達と会話している時に

ランナータイ のソム先生の、ジャプーヒーリングとボーンナイフヒーリングが凄いと聞かされました。


私が通っている瞑想教室でも、瞑想の後にはジャプースモークヒーリング。

必要であれば、ボーンナイフヒーリングをしていただけます。

デーヴァランゲージやホーリーウォーターを使い「空・風・火・水・地」の五元素が

含まれるヒーリングです。


昨年から本来の好みの「上へ・遠く・軽やかに」というリズムから

「深く・広く・動じない強さ」の学びへと変わってきています。


今年になってから、さらに現実が動いて

先に行って過去を振り返ってみれば、「何て大きな動きのあった良い時期でしょう」と

きっと思うと思いますが、何となく新しいリズムに乗り切れない時もあります。


かといって進みだしたものは、過去には戻れません。

多分バランスが悪くなるのでしょう。

そうすると「楽しくない」

忙しくて、ここ1週間ほどは瞑想もおろそかでした。


なのでその場で友達に予約を取ってもらい、

巣鴨にあるランナータイに行ってきました。

タイ人のソム先生の古式マッサージはとてもリラックスできます。

ハワイのロミロミも神様とつながりますが、

私にはそういったエネルギーが合っているようです。


タイ古式は2500年前に作られたとされていて、いかにして身体の四要素のバランスを取り、

エネルギーライン(センプラターン)の流れを活性化していくかというところに

主眼を置いたマッサージです。


だから受けている時に、瞑想状態になったのですね。

雑念の浮かばないマッサージによる強制瞑想状態。


すっかり身体の流れが良くなっているので

ジャプースモークヒーリングも引っかかりがなくて、スムーズです。

ボーンナイフは、クリアにするために頭にお願いしたのですが

首、肩、背中の広範囲にしていただけました。


たしかに、ソム先生のボーンナイフは痛かったです。

喉のナイフが使いにくいところは指を使いますが、聞いていた通りに骨でできたナイフよりも

先生の指の方が痛いのはなぜでしょう。


でも、とても痛かったけれど首の全面・喉はあれだけヒーリングしても

うっ血になっていないので、コミニュケーションの状態は良いのでしょう。

先生の手料理の、タイ焼きそばをごちそうになって帰宅する頃には

頭は空っぽで、心は幸せに満ち足りている最高な状態です。

やはり、真面目に瞑想を続けます。




グループ瞑想納め

2009年 12月 28日

カテゴリー: 瞑想

昨日は今年最後のグループ瞑想会 に行ってきました。

30分の瞑想を3本続けての半日瞑想会は

やはり心も身体も軽くなります。


瞑想終了後には、タイの寺院で行われている

ジャプースモークヒーリング を受けます。

火と風のヒーリング。

ヒーリングといえば心地良さそうですが

これは深いところからの解放なのでとても苦しいです。

でも、終わった後は力強さに満たされます。


私は、瞑想とジャプーヒーリングの組み合わせで

とんとんと現実化が進み、心地のよいものだと思っていました。


パスワークで回路を構築、補修する作業が進んだとき

火と風のヒーリングもとても深いところに及んだようで

初のノックアウトを経験しました。


瞑想とジャプーは、心と身体の柔軟性を高めるようです。


自分でエネルギーワーク的にリラクゼーションが使えると

忙しさに紛れて、ついつい瞑想の時間をカットしてしまいます。

また、ときには雑念が湧き出て空に入れないことも

あります。


そんなときは、バッサリとそぎ落とす禅に憧れたりもしますが

やはり、豊かな喜怒哀楽が表現できるようになる

瞑想は欠かせないものとなりました。


来年は第一チャクラを意識した瞑想になるようです。

第一チャクラは、自分、先祖、そしてさらに深いところと

理解しています。


価値観や社会制度は時代によって変わると思います。

でもその時間の奥にある、変わらない何か・・・。

それを感じに行くのかもしれません。

パスワーキング合宿から55人のグループ瞑想会へ

2009年 11月 24日

カテゴリー: 瞑想

昨日は、この一年ほど通っている瞑想教室の

ワークショップに行ってきました。


タイにいる創始者が来日しているので、

自分が実践している瞑想を理解するためにも

お会いしたいと思っていました。


3日間のワークショップなので、スケジュール的に無理だったのですが

急遽、最後の1日だけの参加でもOKとなり

やはり必要なことは、道が開かれるのを実感しました。


一緒に瞑想をすると、言葉や思考を使わずに

相手を感じることができます。

日常生活でも、私たちはこの感覚を無意識に使っていますが

顕在意識では、正確な情報を得ることができません。


今ここで、その人の講義を聴くということは

今に至るまでの、その人の長い時間をかけた学びを

継承することができるということです。

これはとても素敵な時間ですね。


瞑想でスタートしたワークショップですが

3日間のパスワークの翌日だったので、

講義の時間は脳が疲れました。


仕方がないので、脳への刺激を減らそうと思い視覚を遮断。

ほとんど眠りに近いシ―タ波状態でしたが

パスワークでトレーニングした効果でしょうか

必要な言葉が深く入ってきて、メモもとれました。

この聴き方は良いかもしれません。


心理カウンセリングでも、他のメソッドでも

対面して心の問題を扱う人は、自分をクリーンにしておく

必要があります。

クライアントさんに対して歪んだ鏡になっては困ります。


それは、パスワークでも教育分析でも何でもよいと思います。

学んで知る。そして生活の中で体験して消化する。

地道な積み重ねですが、それが一番早いです。


大きな人数でのグループ瞑想は良かったです。

また、創始者のボブ・フィックスに会えて良かったです。

講義の内容はもちろん大切ですが

この瞑想を続けている彼の考え方、笑顔、話し方

それらのことから確認できたことがありました。


私は瞑想を続けたさきには、穏やかな感情のなかに

生きる強いエネルギーがあるという状態になるのかと

思っていました。


でも、瞑想教師の友人から聞いたのは

「喜怒哀楽の感情表現がはっきりするよ。」というものでした。

感情表現がとても豊かになる・・・。

どうやら、怒るときも激しく怒るらしいです。


ただし覚醒した意識からの感情表現には愛があります。

なので怒られた人は、心がすっきりとして楽になる。

浄化させる「怒」なのですね。


ワークショップが始まる前は、「ふつうのおじさん」だった彼が

話し始めたとたんに、とてもチャーミングになりました。

友人から聞いた話が、納得できた時間でした。




ハートに始まりハートに終わる

2009年 10月 09日

カテゴリー: 瞑想

ハートチャクラと聞くと、怪しいと感じる方でも

愛、思いやり、慈悲、育む・・・などの言葉から

胸を想像するのは抵抗感がないかな?と思います。


愛でいっぱいというのは、とても素敵なことだけど

愛にも成長段階があるようです。


愛しているから、あなたも愛して、私を見て!

恋愛でよくありがちなパターン。


あなたが大切だから、私の言うことを聞いて

安心させて!

子供に対してやってしまうことが多いでしょうか?


どちらも、思いどおりにならないときは

心が波立ち、とても穏やかで暖かな気持ちからは

遠ざかります。


私が通う瞑想教室では、初めての人はハートマントラから

スタートします。

暖かさ、穏やかさ、深い静寂、肯定感、拡がり・・・。

何を体感するかは異なると思います。


ヒーラーや人の癒しをする人が

心臓に負担がかかるという話を聞いたことがあります。

日常生活でも、報われない愛情や

人のための心労は文字通り、心臓に負担がかかりそうです。


私の体感としては、ハートと並んで

果てしなく広がる体感を得られる瞑想は

第6チャクラを意識した瞑想です。


第3の眼としても知られていますが

洞察力、直観、あとは知識ではない

聡明さや明晰さはここの成長にかかわるように思います。


高い別の視点から自分を見ることができる。

でも、第6チャクラだけしか使わないと

冷静すぎる・・・。

感情が伴わなくて、冷たい直感になります。


どうしても必要なのが、やはりハート。

聡明さ、明晰さを伴ったハートの使い方が

とても大切です。


相手をそのまま受け入れる。

見守り育てる。

自分自身も苦しくなく、それができるようになるためには

やはりハートの成長が必要です。