効果が高いモノは劇薬と同じです

2014年 11月 26日

カテゴリー: 心と身体,精神世界

経済政策でも、これは劇薬ですと解説されていることがあります。
この状況で、この理論を使うと
・良い効果を生むかもしれないけれど
・方法を間違えると大きなダメージになる
期待できる効果は高いけれど
上手に使わないと破綻するかもしれないということですね。

女性のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント加藤勢津子です。

 

効果が高いけれど劇薬というのは
さまざまなジャンルであることですね。

かつての
・社会主義・共産主義VS自由主義・資本主義
もう結果が出てきていることですが
これも理論と方法論にそって進めていくと起きる結果を
具体的に見せてくれたということらしいです。

 

心と身体のジャンルで言えば、わかりやすいのが漢方薬の世界でしょうか。
西洋医学の新薬でなくて
身体のバランスを考えた漢方薬は
身体に優しいイメージがあると思うのですが
いかがでしょうか?

私も漢方薬を処方してもらったことがありますが
奥が深い世界ですね。
使う素材も植物だけではないし
身体のシクミの知識も必要です。

毒にもなる素材を使うこともあるし
えっ?と驚く素材も使われています。

・穏やかに効果をだす
・ピンポイントで即効性を期待する
どんな処方にするかもさじ加減だし
服用する日数や成分を切り替えるタイミングとか
話を聞いていてレベルが高いな〜と思いました。

 

心の世界でも同じことが言えると思うのですね。
最近では昔から
「秘教」「秘伝」とされていた知識
活用されていることが増えているようです。

t02200165_0800060011742989451

 

 

 

 

 

権力者が自分たちのために秘密にしていたというのは
本当のことではあるけれど
「効果が高いモノは劇薬」と同じです。

やはり、それなりの知識や体験が必要なことってあると思います。
お坊さん、神職、修行者・・・。
光の世界だけでなくて闇の世界を扱っています。
心の浄化やエゴの手放しがなければ難しいジャンルです。

 

恋愛のおまじないも可愛らしいものに思えますが
心を豊かにすることもできれば
執着の黒魔術にすることもできるのですね。

 

潜在意識の世界も同じです。
心理だけでなくて、ビジネスや自己啓発にも使われていますが
クライアントさんとの一体感のもとに進んでいきます。

トランスやヒプノという催眠状態は
効果が高いけれど劇薬と同じではないかと思うのですね。
どんな情報をそこで取り入れるか〜
どんな体験をするかが大切です。

 

ひとつの理論やメソッドを短期間で学んだだけで
プロとしてすぐに活用できるかは
学んだ人の状態によるのではないかと思うんです。

たとえばお経を一つ暗記しても
お坊さんにはすぐにはなれないのと
似ているかもしれないです。

たくさんの学びの機会がある現代社会ですが
自分が学んでいるモノの
本質を理解することも欠かせないことだと思います。
仕事にしたときは他人への影響が大きいですね。

 

 

神が降りた イチロー

2009年 4月 07日

カテゴリー: 心と身体

少し時間がたってしまいましたが、WBCのイチローの言葉が話題になりました。
私はスポーツ観戦が大好きです。
もちろん内容や結果もしっかりと味わいますが、顕在意識とは違うところに繋がっている
選手の表情を見るのが好きです。
グラウンドに入場してくるときや、スタート直前の選手たちの表情は美しいです。
もちろん試合時間の長い競技では、展開を考えて瞬時に判断しているでしょう。
でも観客を感動させるファインプレーのときは、試合後のインタビューでは
その時のことを「覚えていません」と答えることが多いですね。
顕在意識を超えたところと繋がっている人やドラマを見せてもらえるので
スポーツ観戦はやめられません。
ローマのコロシアムは、民衆のガス抜きのために作られたと聞きます。
本当かどうかは知りませんが、サッカーは切り落とした敵の頭を蹴ったことから始まったとか・
まるで気持の発散や娯楽のためのように見られる側面もあります。
だけどギリシャの哲学者たちは、レスリングを嗜んだそうです。
ギリシャで始まった古代オリンピックは、神への祭典です。
ラグビーのオールブラックスは、試合前にニュージーランドの先住民族マオリ族の
出陣の踊り「ハカ」を行います・・・かっこいいです。
サッカーでも外国人選手は、得点を決めた後に十字をきって
神の祝福への感謝をあらわす選手が多いですね。
「神が降りた」
イチローの性格を考えると、あのまま打撃不振で終わったら
選手生活が続けられるかなぁと思っていたので、見ていた私もホッとしました。

鍼治療

2009年 4月 07日

カテゴリー: 心と身体

昨年の10月に痛めた足首の治療のために幡ヶ谷にある鍼灸院に行ってきました。
自宅の階段を2~3段踏み外して、全体重が右の足首へ・・・。
夜だったし自分でケアをしたら、足首を捻っていなかったせいか
病院に行かずにいても徐々に回復したので油断しました。
いつまでたっても奥のほうの痛みが取れずに
特に階段を降りるのが大変。
整体やマッサージなどの治療は自分でもケアしながら
知り合いの治療院で続けていました。
30代で体験した鍼治療は、鍼に通電するタイプで
かえって筋肉が硬くなる気がしたので、利用することはありませんでした。
今回はプロではないけれど、御自身がいろいろな手技をする知人が
痛めた靭帯を治してもらった治療院ということで
紹介してくれたので期待が持てました。
AKI先生は鍼灸のほかに、カイロ、整体、骨盤矯正までできます。
今日が3回目でしたが、足首は回復しています。
むしろ調子が良くなったために、階段を駆け降りるようになっていたので
今まで使っていなかった筋肉がお疲れモード。
アメリカでカイロを仕事するには、大学で6年間学ぶ必要があります。
正式な医療行為です。
私が勉強したTHFはそこから派生した家庭版です。
筋肉や経絡やリンパポイントを調整することで
体の緊張やゆるみのバランスを取るだけでなくて
メンタルの調整まで可能です。
シンボリックセラピーのビギナーコースでも
体の痛みなどから、自分の潜在意識のメッセージを読み取るレッスンを
します。
人の体って不思議です。
じんましんがでる、少し足がむくんでいる、前かがみになっている・・・。
自分の体が発信するメッセージを覚えておきましょう。
最近行ってきた新潟の弥彦神社、山形の出羽三山神社は
山岳の神社です。
雪が残っていたので行動範囲が制限されていたので
足首を痛めていても不自由はなかったです。
奥宮や奥の院は山を登った所にあることが多いので
神社好きの私は何としても、足を治したいです。