子どもたちの社会で起きていることの原型は大人社会にもある〜いじめについて

2012年 8月 09日

カテゴリー: 子育て

朝晩の風が涼しくなって過ごしやすくなりましたね。

昨日のランチの話題のなかでも「いじめ」のことが出ました。
年々ヒドくなっているのか ようやく明るみに出だしたのか どちらなんでしょう。

「いじめ」というのは昔からあったけれど いじめの質が変わったと感じている人が多いような気がします。隠蔽のしかたもたくさんの人が関わって大掛かりになっていますね。

テレビやネットの発達 家族や地域の変化・・・原因はたくさんありそうですが
その中の一つを書いてみますね。
トップに立つ人のスタンスについて・・・。

野田総理の「アメリカが決めたことだから」発言に驚いた人が多いかと思います。

「日本の政治はアメリカの言いなりになっていたというけれど かつての日本の総理は
交渉の中でアメリカにも譲らせるとことは譲らせていた。
最近の総理たちは アメリカ 中国 その他の外国のすべてに良い顔をしようとしているから
日本の外交はうまくいかなくなった・・・」
と あるセミナーで聞きました。

日本人 日本の国益を守るために総理になったのか
利益 権力 願望実現のために総理になったのか
このスタンスの違いで 私たち日本人の生活は大きく変わるわけです。

私の子どものころは 近所の子どもたちの遊びの縦社会が生きていてラッキーでした。

遊びのルールもみんなと一緒に楽しむことも子どもたちの中で教わりました。

子どもたちのグループのトップは 今になって思い出してみると
小さい子の「やる気」を引き出すのが上手でしたね。
みんなを自分の思い通りに従えるのではなくて 楽しく遊ばせてくれるリーダーさん!


子どもたちの遊びのなかに 直接大人が関わることはないけれど
子ども遊びを卒業したお兄さんやお姉さんたちのさりげない見守りがあったし
地域の大人たちは どこの子であっても悪いことを叱る勇気もありました。

子どもの縦社会の遊びのなかでは
「ジャイアン のび太 スネ夫」の関係は成立しないんです。
良いことと悪いことはルールのなかではっきりしているので
正直に夢中になって遊びを楽しむだけ。


子どもの縦社会の遊びを経験しているのといないのでは
大人になってからの人間関係の作り方に影響がある気がします。

政府のトップ 組織のトップ 地域のトップ 学校のトップ クラスのトップ
そこがどんなスタンスで動いているかで
社会は大きく変わっていくと思います。

子どもたちの社会のなかで起きていることは 大人社会にも起きているんじゃないでしょうか?
子どもたちが安心して成長していける環境をつくるためには
私たち大人が自分のいる社会を見直してみる必要がありませんか?


 






【40代の女性が自分らしさを取り戻すための個人セッション】
(1)シンボリックウィズダム
   シンボリックセラピー、心理カウンセリング、イメージワークを
   セッションの内容にあわせて使います。
   1時間 15,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル2時間まで)

(2)ホ・オ・ハッピー
   シンボリックウィズダムに身体と心の緊張を緩めるボディーワークのドナリ
   ス・シャッフルを組み合わせるので、過去をさかのぼるヒプノとこれからの人
   生プランをトランスを使って現実に変化をもたらしていきます。
   2時間 20,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル3時間まで)



セラピスト 2012年 06月号に掲載されました。ご覧ください。

⇒お申し込みはこちら
からおねがいいたします。
シンボリックセラピーにより潜在意識に眠っている 才能・可能性を引き出すサロン タオファー35





「子どものやる気を引き出す魔法の質問」開催しました

2012年 7月 18日

カテゴリー: 子育て

東京も梅雨があけて猛暑の夏がやってきました。
暑さに負けずに笑顔の毎日をおくりたいですね。

夫や子ども そして他人との関係でも
どんな「言葉」をかけるかで どんな関係が作れるか・・・結果が大きく違います。

あなたはお子さんとの会話では どんな「言葉」を使うことが多いですか?

私も3人の子どもを育ててきましたが
子どもの性格によって「どんな話を どんな言葉でするか」が全く違いました。
スポーツや趣味の話題が好きなサッパリとした性格の子どももいれば
感情のつながりや温もりが大切な子どももいます。

私の個人セッションでも 家族問題は重要なテーマです。
子どもが成長していくと 親とは違う子どもの人格を認めることが大切になりますが
兄弟やお友だち 学校とのバランスなどもあるので
子どもの成長とともに親子の会話も難しくなるかもしれませんね。

あなたは子育てに悩んだときはどうしていますか?
ママ友に相談しますか?
それとも 担任の先生や友人に相談しますか?

質問家マツダミヒロさんが数年前からボランティアで各地の学校を訪ねて
「子どものやる気を引き出す魔法の質問」をしています。
これは 子ども向けと保護者向けのバージョンがあるんですね。

魔法の質問キッズインストラクターという
「子どものやる気を引き出す魔法の質問」講座を開催できる資格をとりました。
知人の柳田亮子さんがインストラクターのトレーナーさんになっていたのがきっかけです。

昨日は10人の小学生ママたちと講座をしました。



国立にあるみんなのリビングのようなお店アビマーニで講座のあとはみんなでランチです。
ランチを食べながらだと みなさんが抱えている子育ての具体的なお話も
リラックスしてできますね。

グループワークで参加者のみなさんが仲よくなれます。
「みんな同じように子育てで悩むことがあるんだな~」と気持も軽くなりますね。
他の参加者の話からヒントが見つかることもあるんですね。

「子どものやる気を引き出す魔法の質問」は開催日を決めていませんので
受けてみたいな~。
私たちのママ友グループのところで講座を開催してくれないかな~。
そんな風にピンと来た方はメールでお問い合わせください。
アメブロでも私のサロンタオファー35のお問い合わせのどちらからでも大丈夫です。





40代の女性が自分らしさを取り戻すために
「妻・母」の役割を生きてきて40代になったときに
心から幸せだと思える人も多いでしょうね。
だけど妻の顔 母の顔を演じていて
本当の自分を犠牲にしていると思う人もいます。

そんなときには 自分の潜在意識の情報を読み解き
本来の自分のあるべき姿を見つけ出していくことが大切です。

自分らしく生きるということは ストレスをためない生き方につながるので
今までの役割もこなしながら新しい自分を見つけることにもつながります。
それは 同時に女性としての幸せの一つアンチエイジングにもつながるのですね


40代の女性が自分らしさを取り戻すための個人セッション
シンボリックセラピー、心理カウンセリング、イメージワークを
セッションの内容にあわせて使います。
1時間 15,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル2時間まで)


ホ・オ・ハッピー
シンボリックセラピーに身体と心の緊張を緩めるボディーワークのドナリス・シャッフル、
心理カウンセリングを組み合わせた大変お得なコースです。
2時間 20,000円 延長20分に付き3,000円追加(トータル3時間まで)


セラピスト 2012年 06月号に掲載されましたご覧ください

お申し込みはこちらからおねがいいたします。

シンボリックセラピーにより潜在意識に眠っている 才能・可能性を引き出すサロン タオファー35