仕事のミッションと四大元素

2014年 4月 17日

アーカイブ:2014年4月  カテゴリー: セッション
『私が生まれてきたミッション』

お仕事の世界でも意識する方が増えていますね。
講座やセミナーをされている方は
検証や再構築を常にしているのではないでしょうか?

IT系の方はシステムが変更になると
一から作り直しになるので進化との戦いかも。

時代の変化もありますが
より良い講座やセミナーにしていくこと
自分自身が経験を積むことで再構築に繋がるのでしょう。

そして、そんな検証と再構築は
どこか自分の四大元素を育てているといえるかもしれません。

 

4eda8cbad396cdb6d7413829e654d247_m

 

カバラの生命の木の中央の柱で
物質世界に降りるマルクトは
人が五感で感知することができる物質世界を現しています。
タロットカードの「世界」が当てはめられています。

「世界」のカードには四大元素が描かれています。
元素の性質よりも、もっと具体的に
人の資質に落とし込んで考えたいと思います。

風、火、水、地
このエレメントはどれもバランスが大切になります。
過剰でも不足でもうまくエレメントの良さが使えません。

風は、思考や論理的な考え方や軽やかな行動。
新しい情報や知識や知的な探求。

火は、目的意識や意志の強さやバイタリティのある行動。
考える前に行動や実行に移せる情熱。

水は、感受性が豊かで感覚や創造する力が優れている。
受け入れ、育む力。

地は、現実的な実行力とやり遂げる力。
物事の基盤を作ったり、安定する力。

どのエレメントも、仕事には欠かせないと思いませんか?

たとえば好きなことを仕事にするときも
・学んでいるとき
・仕事として始めたばかりのとき
・経験を積んで自分のスタイルを創り出せたとき

自分のなかのエレメントのバランスが価値観として現れたら
その価値観は変化していくでしょう。

何か抵抗感がある、理解できないエレメントは
不足しているか、過剰なのかもしれません。

四大元素に加えた五つ目の元素は
霊、エーテル。
生命の木の中央の上にあるケテルは大宇宙との接点。
思考、創造の源とも言われます。

これはミッション、使命と置き換えても良いのではないかと思います。
ケテルからマルクトに降りる
マルクトからケテルに上がる

それは、物質の世界で
さまざまな経験を積み上げたときに

ミッションにより近づいていくことと
似ているように思います。

 

 

 

セルフエスティームとは自尊心や自分を大切にすること。

私たちは、子どものころから、さまざまな体験をして
「私」というものを体感していきます。

 

そして「私」を知る・確認することで、

仕事を選び、
社会に貢献できることを

見つけることができるようになります。

 

それがうまくいかないときが
「自分を見失う」ということ・・・。

 

ご自分でビジネスをしている方・責任あるポジションの方の

ホ・オ・ハッピープログラムは⇒こちら

 

セルフエスティームを育てるだけで

なぜか人生がうまくいくようになります。

人生をプランニングする個人セッションは⇒こちら

 

あなたの価値観がよくわかる!
価値観判定テスト(無料)お申し込みは⇒こちら

 

60日間で最高の自分を実現するためのメールセミナー⇒こちら