アラフィフ女性の走り方

2013年 12月 31日

アーカイブ:2013年12月  カテゴリー: セッション

40代も半ばになるとふと思うこと

これからの将来を考えたり、転機を迎えるかたも
多いのではないでしょうか?

〜40代の女性の生き方を
2ヶ月で変化させるマイカウンセラー
加藤勢津子です〜
他人を思いやる気持ちや

お互いを認め合う気持ちを持つことは

小さい頃から大切なことだと思います。
心と身体だけではなくて精神性を大切にしようというのが
最近の社会の流れでもありますね。

人の性格は始めから完成しているものではなくて

さまざまな体験をすることで

創られていくものではないでしょうか?

 

10代には10代の

20代には20代の

そしてもちろん、40代には40代ならではのテーマがあります。

 

そのテーマを体験しながら成長していくのが人間ですから・・・。

小さい頃からの心の教育といっても

小さい頃から人格者になるわけではないですね〜。

 

仕事場でも家庭の中でも

ものすごくパワフルなのが40代の女性ではないでしょうか?

 

専業主婦だとしても

家族の健康も家庭の団らんも「私が作っている」

そんな自負心が湧いている頃だと思いますが

いかがでしょうか?

 

仕事を続けている人でも

良い意味のプライドが育ってきている頃ですね。

 

自信もつけたし、

多少のトラブルに悩んでも

まだまだ立ち直れる力はあるときです(^^)

 

だけど子どもが成長してくると

悩みも増えてくるし

部下を持ったり、起業すると

問題やハードルが高くなってきます。

 

弱みは見せたくない世代でもありますね。

 

誰かに相談したとしても

まだまだ自分流のやり方にこだわりたい気持ちが

手放せない頃なのではないでしょうか?

 

それって、必ずしも悪いことではないと思うんです。

やり尽くすことから見えてくることがあるから・・・。

 

きっと、どこかでギブアップしたり

心が折れるときがくるでしょう。

 

でもね。

そこまでいかないと見えない自分がいるのは

誰でも同じだと思うんです(^^)

 

あとで振り返ったときに

「私ってイヤな女だったかも」と思っても落ち込まないで。

 

それは誰のせいにもしないで

自分と向き合う時間がとれて

成長したからなのではないですか?

 

他人のことは見えても

自分の姿は見えにくいです。

 

そして円熟味を増した心は

体験していないですから。

 

いろいろな出来事があったからこそ

「何もない私が素晴らしい」という

心を垣間みることができるんでしょう。

 

「私って自分のために時間を使っていない」という

不完全燃焼を感じたら

それは変化させたほうが良いですね。

 

あなたの時間が他人のために

どんどん流れていっても

誰もそのことに気づいていないかもしれないです。

 

心からその状態でいることが幸せならば

それはあなたにとって最善の選択なのでしょう。

仕事をするだけが自己実現ではないですから・・・。

 

P1000498

 

 

 

 

 

セルフエスティームとは自尊心や自分を大切にすること。

私たちは、子どものころから、さまざまな体験をして
「私」というものを体感していきます。

そして「私」を知る・確認することで、
仕事を選び、社会に貢献できることを
見つけることができるようになります。

それがうまくいかないときが
「自分を見失う」ということ・・・。

セルフエスティームを育てるだけで
なぜか人生がうまくいくようになります。
人生をプランニングする個人セッションは⇒こちら  

あなたの価値観がよくわかる!
価値観判定テスト(無料)お申し込みは⇒こちら

60日間で最高の自分を実現するためのメールセミナー⇒こちら