マカナワークショップ 虹の天使の作り方 1日目

2010年 9月 10日

アーカイブ:2010年9月  カテゴリー: ブログ

9月7日 1日目

自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-出羽三山神社

ハワイや長野などに、一緒に旅行していても

思いがけないエネルギーワーク連発になるMakanaさんが

ワークを意図してすれば、どれだけのことになるか

想像するだけでワクワクです。


悲惨なできごとのようでも、後になれば必要だったと

納得できるので気持ちの奥では何が来てもOKです。


やはり、初めに羽黒山に参拝ということで出羽三山神社。

参道を歩いているときは小雨になるけれど

畳に上がるのはご迷惑な濡れ方なので、正式参拝はなしです。


伊勢と繋がりのあるせいか、末社に猿田彦神社、思兼神社

八坂神社、白山神社と秘密めいてならぶ神様のせいか

穏やかなエネルギーの神社です。


御嶽神社にある玉簾れの滝で浄化のワーク。

御祭神からの連想を書きたいけれど、長くなるので省略。

玉簾れのように流れる滝は、普段は穏やかだそうです。


だけど前夜から、豪雨で蓄えられた水量のせいか

滝壺に近づくことが無理なしぶきでした。

Makanaさんが全員に並ぶように声をかけると

風が巻きあがり、台風のようにしぶきが飛んできます。


彼女が祈りを捧げたときに、雨や風、光を呼んだのを

今までに何度も体験していますが、今回も盛大な水です。

ミストシャワー状態のなかで瞑想をしていると

車のヒーターで乾いた服は濡れて、顔や髪からは

滴が滴り落ちます。

どれだけの浄化が必要?


滝の水でパワーストーンを浄化する予定をやめて

地下水を利用したお手水で浄化すると

不思議な事に一瞬で石の色が変わりました。

クリアにそして本来の色が模様まではっきりとします。


それから、開運の滝へ。

ここで瞑想をしたときに、たくさんの十字架が浮かんできました。

原始キリスト教の人たち、ゾロアスターの人たち。

多くの人々の祈りのエネルギー。

ここは八幡町だと知って納得です。


自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-開運の滝

夕方見た夕焼けの空。

台風は、どこに行ったのかと思っていたのですが

進路を変えていたのですね。

自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-夕日

マカナワークショップ IN 庄内 虹の天使の作り方

2010年 9月 10日

アーカイブ:2010年9月  カテゴリー: 講座

山形県の酒田でロミロミサロンを開いている

Makana さんの第一回目のワークショップに行ってきました。


昨年、今年のハワイ旅行をはじめとして

国内でも何度か、彼女には多くの学びをさせてもらいました。


初めて東北の神社を訪れたときも

彼女の案内でしたし、不思議なご縁を感じています。


9月7~9日の新月をはさんだワークショップのスタッフは

関内でロミロミサロン を開いているKamalさん。

山形の村山でロミロミサロン を開いているWailaniさん。


お二人ともハワイなどで、ご一緒しています。


これは、もう行くのは当然の流れでした。


このところ忙しくて、うたたねをしてしまい

気づいたら朝の4時!

荷物を詰めるどころか、まとめてもいない状態で

飛行機に間に合わないと焦りましたが

5時に自宅を出れば、なんとか間に合うと思い

猛スピードで動き出した7日の朝でした。


電車の乗車位置を調べて

最速で羽田に向かい、空港のはずれにある

庄内行きの便の最終案内を聞きながら走って

無事に出発することができました。


飛行機の窓から見る白い雲の上に

虹色の円の中に、乗っている飛行機の影がはっきりと

写っていて感激でした。

庄内滞在中には、素敵なことが起きる予感です。


「9月には台風が多いけれど、そこにワークを計画する

 Makana強運だ!」と妙に感心していました。

途中からは雨。


晴れ女の私はあまり雨を気にしていないのですが

今朝は折りたたみ傘に目がいったのですが

バックに入れませんでした。


庄内空港では横風と強い雨で

空港集合の地元の参加者はビーチサンダルを履いていました。

飛行機で参加の人たちはスニーカー。


聞けば北陸に台風が来ていて、

東北方面に向かいそうとの事です。

ニュースを見ていなくて知らなかった・・・。


ちょっとした山道ならそれで登ってしまう革靴の私。

スニーカーを荷物に詰める時間がなかったのですね。

というか、思いもしなかったです・・・。


「そうか。Makanaのワークは台風を避けるのではなくて

 天候も使うことになるんだ・・・」と感心。


彼女と一緒にいると、すべてがワークのようになるので

今までもどれだけ、天候が効果的に働いてきたかを知っています。


持ってきても役には立たなかった折りたたみ傘ではなくて

スタッフの大きな傘を借りながらも

絞れるほどにスカートが濡れた出羽三山神社に向かいました。


スニーカー組の中でも、ビーチサンダルに履き替えている人が

いましたが、大雨の中ではビーチサンダルが最強でした。