お知らせ

2010年 6月 30日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: ブログ

6月30日から7月7日まで留守にいたします。


お申し込み、お問い合わせのメールへのお返事は

7月8日以降となります。

よろしくお願いいたします。

現状を整理して、現実を生き抜きましょう

2010年 6月 25日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: ブログ

現実生活がうまくいかないときのために

どうしたら良いかという方法論はたくさんあります。


自分の内面を見ることや、思考・行動パターンのチェック。

願望実現や潜在意識の活用。


うまく自分に合う方法に出会えて、現状の整理ができると

変化は早いでしょう。


どれを選んでも良いのですが、現状を整理するというのは

実はとてもシンプルなことだと思います。

原因と経過があって結果があるだけです。


そして、現状を整理するときには落ち着いて

感情で判断することから、なるべく離れましょう。

起きている出来事を、良いものとするか悪いものとするかは

自分の感情が決定します。


快・不快、良い・悪いというのは、自分の価値観から生まれる

感情です。

感情を手放せずにバランスを崩してしまうと

怒りや恐れなどに執着してしまい、整理するどころか

頭の中は無限ループです。


今、問題が起きているとすれば

自分のバランスが、過剰か不足か止まっているかで

崩れているだけです。


前に進みたいという気持ちがあるならば

自分のバランスを見直し、現状を整理して出てきた

自分の心の声を大切にして現実を生きましょう。


現実を生きることはとてもシンプルなことの

積み重ねです。

朝起きること、食事をすること、働くこと、掃除をすること・・・。

肉体を持って生きる私たちは

日常の生活を体感して生きることから成長していきます。


生きる意味を考えること。

自分の才能を生かしたいと思うこと。

他人のためになりたいと思うこと。

自分のブループリントやアカシックに記された使命を生きること


どれも素敵なことです。

ぜひ、叶えて生きたいですね。

そのために一番大切なことは、

毎日の自分の生活を丁寧に生き抜くことです。






『家庭の中で、コミュニケーションを 

  上手にとれるようになるための講座』





【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース



赤水白蛇神社 阿蘇神社 国造神社 加藤神社 北岡神社

2010年 6月 17日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: ブログ

18日からのパスワーク熊本合宿に参加するために

今日から熊本に来ています。


往復の航空運賃よりも、宿泊つきのパック旅行のほうが

お値段が安いのですね。

個人に縁のある神社を見ることができる知人から

熊本にも縁があると言われていたので

水晶視で検討して、今日は神社巡りをしました。


水晶視ででたビジョンは巴紋、錨、鶴岡八幡宮のような鳥の羽。

調べたところ、北岡神宮が巴紋。

阿蘇神社の裏神紋が舞鶴でした。


錨に関しては該当する神社が思いつかず

阿蘇氏(多氏)の鉱物と船。

海部や安曇氏や宗像氏などの海人系との関係。

いずれにしても、場所ではなくて

巴紋と舞鶴を繋ぐものと考えました。


事前に調べたところ、空港から阿蘇神社への

アクセスがとても不便でした。

公共機関を使うと時間もお金もかかるので

思い切って乗ったタクシーの運転手さんが

「熊本の猿田彦」とお客さんによばれるほど

神社観光をしている方でした。


自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-赤水白蛇神社白蛇

運転手の村上さんお勧めの赤水白蛇神社。

金運の神様ですが、この土地は古くから

パワースポットというか、信仰の場だったと思います。

欲ではなくて、きれいだけれど力強さを感じました。


自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-阿蘇神社狛犬1

阿蘇神社は、神武系の子孫が神様として祭られている

2000年近い歴史のある神社です。

世界最大のカルデラの湖水を干拓できる人々ですね。


地下水が豊富なので「神の泉」

縁むすびの松

願かけ石

縁起のよいものが多い神社でした。


自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-国造神社

公共機関を使っていたら行く時間がなかった国造神社です。

阿蘇神社の本宮なのですね。

台風で倒れた杉の一部が保存されていましたが

由緒から計算すると2000年近い樹齢です。

6~800年くらいの樹齢の樹はみたことがありますが

比べ物にならない幹の太さでした。


新しい人神様の加藤神社には、なぜ行くことになったのか

不思議でしたが、末社に猿田彦が祭られていました。


自分で幸せをつかめるシンボリックセラピー♪ だいじょうぶ ☆ あなたならできる ☆-北岡神社狛犬2

北岡神社はスサノオ系列です。

もともとは祇園宮と呼ばれていたそうで

宗像三女神も祭られていました。


カルデラ湖を干拓する土木技術を持った人々。

豊かな穀物を生産できる人々。

火山には必ずある鉱物資源を使う人々。

隣の福岡や宇佐、高千穂・・・・。


神話の中に語り継がれる

この地域で繰り広げられた歴史を

体感することができた一日でした。

若いときのデコボコは成功のエネルギー源

2010年 6月 14日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: 家族

思春期から20代にかけて

自分のアイデンティティを創りあげていくときに

家族や学校、社会の中で、自分の居心地のよい場所を

なかなか見つけられないときがあります。


周りの人たちが楽しいということに

少しもおもしろいと思えない。

自分の趣味や興味は、どうもマイナーの世界のようだ。

みんなと同じように行動しようとすると苦痛を感じる。


周囲からまるで浮いている。

学校であれば、変わった人、勝手な人と思われて

友達もできないかもしれない。


自分の子どもがそんな状態であれば、親は心配するでしょう。

友達がいて、何か好きな世界を持っていて

だんだんと社会に出て自立してくれれば良いと思うから。


だけど若いうちに、結果として不器用な生き方になっても

無理に何かに合わせようとしない方が良いです。


上手に生きられないという、自分のデコボコな性格は

ぶつかる壁を乗り越えていくたびに

素敵な個性として磨かれていきます。


大きな課題がきても、それを自分のものとして受け止めること。

たとえ凹んだとしても、ダメな自分とは思わないこと。

ただ、磨かれているだけです。




『家庭の中で、コミュニケーションを

  上手にとれるようになるための講座』




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース






感謝することで解放されるというけれど

2010年 6月 13日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: 家族

感謝の気持ちがとても大切だということは

よく目にするかと思います。


どんな体験であっても、その体験が今の自分へと

成長させてくれたと気づく瞬間があります。


そして、その気づきの瞬間には

過去へのネガティブな気持ちが解き放たれて

心が軽くなり、ネガティブが去ったスペースには

夢や希望が湧いてきます。


この状態がキープできれば最高ですね。

毎日「ありがとう」で満たされていく。

こういう心の状態のときは、生活も充実してきます。


いつでも感謝の気持ちを持ち続けようと思うでしょう。


ネガティブな気持ちになった体験が

親子や夫婦の関係にあるときは

キープするのがなかなか難しいです。


長年に渡って作り上げてしまったパターンは

なかなか解消されにくいでしょう。


感謝して手放したつもりの過去の記憶や

ネガティブな感情が、まだ残っていたと

がっかりすることがあるかもしれません。


だけど似たようなネガティブな感情に思えても

必ずらせん状に成長しているから大丈夫。


自分の生活に取り組むことで

ふたたび、感謝と解放の気持ちに戻ることができます。

前向きに進んでいきましょう。




『家庭の中で、コミュニケーションを

  上手にとれるようになるための講座』




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース







相手の気持ちを感じて、お互いが心地よくなるためには

2010年 6月 12日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: シンボリックセラピー

昨日は高尾で

シンボリックセラピービギナーコース「触覚応用」の

講師を務めてきました。


この講座でトレーニングする触覚は、

直接相手に触れることはしません。


わたしたちが他人といるときに

無意識のうちに、好き・嫌い、快・不快を感じ取っています。


一緒に食事したりするような、お互いを意識した関係でも

電車の隣に、たまたま座った見知らぬ他人でも

同じように私たちのセンサーは働いています。


「傍にいるとホッとする」「落ち着く」「頼れる」という心地よさ。

「一緒にいると疲れる」「イライラする」というマイナスの感情。


それらは、表情や言葉、身体の動作や態度だけが

教えてくれるのではありません。

もっと別の感覚で感じ取れるものを

自分も相手も発信して、そして受信しています。


何を発信するかは、思考や感情によっても変化します。

わたしたちが、受信するセンサーの感度を高めると

相手の気持ちを感じやすくなります。


そして、相手も同じように無意識に受信しているのですから

自分が発信する内容で

お互いの関係を心地よくすることができます。




『家庭の中で、コミュニケーションを

  上手にとれるようになるための講座』




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース






トラウマを探す時は、新しい記憶から~

2010年 6月 10日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: 家族

自分の潜在意識の中にある

モヤモヤやドキドキやバクバクといった

胸に感じるものの正体を探すとき。


いつもと同じパターンを卒業したくて

自分を振り返ってみるとき。


わたしたちが、トラウマと呼んでいる出来事に

出会います。


そのトラウマの原因というのは

幼かったとき

自分がこの世に誕生してくる出産のとき

母親の胎内にいるとき

前世療法では前世とされている記憶


とても自分一人では探ることができない領域まで

広がっていきます。

とくに親子の関係といった

まだ自分の力で生きていくことができなかったころの記憶は

心の痛みを感じないように

姿を変えていることが多いです。


なので、自分を振り返ってみるときは

新しい記憶からはじめましょう。

新しい体験のように感じても

その奥深くにある自分の生き方のパターンは

変わらなかったりします。



『家庭の中で、コミュニケーションを

  上手にとれるようになるための講座』




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース




家庭の中で、コミュニケーションを上手にとれるようになるための講座

2010年 6月 09日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: セッション

『家庭の中で、コミュニケーションを

  上手にとれるようになるための個人セッション』


部屋を片付けなさい。

帰りが遅すぎる。

たまには家事を手伝ってよ。


ついつい愚痴と怒りがこみ上げてしまう親子関係に

悩んでいる方へ。


何ということはない会話だけれど穏やかに話せた。

夕食の後、子どもが食器を洗ってくれた・・・。

ささやかだけれど、穏やかな生活を送りたくないですか?


会社ではキリッとしているのかもしれないけれど

家の中ではだらしなくて

親のことも、子どものことも、みんな私に押し付けてくる夫

に腹がたつ。


何かをしてくれること、一緒にいることがあたりまえに

なっていてた夫婦関係だったけれど、

夫婦で「ありがとう」と言い合えるようになったら嬉しいですね。


☆☆☆


家族とのコミュニケーションで悩んでいる人。

自分一人では、どうしたら良いかわからない人。

本当に変わりたいと思っている人。


そんなあなたのための個人セッションを企画しました。


☆1対1のご対面で行います。


☆場所は、東京都国立市のサロン

 「タオファー35」になります。


☆効果を確実に出すためのお約束です。

 ○全3回で1回の面談が1時間です。

  3回で15000円の個人セッションです。

  初回面談日から2カ月以内に3回受けていただきます。


 ○毎日の気づきを、簡単なメモでも良いので

  記録していただきます。


 ○シンボリックセラピー、心理カウンセリング

  イメージワークなど、いろいろな手法を使い

  あなたに合ったオリジナルメニューをつくります。


この個人セッションは悩み相談でも、家族の他の人を変えることが目的でも

ありません。

面談で現状を整理して、毎日の気づきを書くことによって

自分の内側から、変化はなっていくものです。


お申し込みの方は、第1回のセッション希望日時を

第3希望までお書きになってこちらから お申し込み

下さい。

個人セッションの内容についてご質問のある方も

ご遠慮なくお問い合わせください。

子どもを保護するのは何歳まで?

2010年 6月 08日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: 家族

子どもに対する親の責任は

「子どもが50歳になるまで」と、気学の先生に聞いた時に

驚いた記憶があります。


法律的には20歳までが親の責任とされていますね。


50歳というのは、自分が育てた子どもが

どう社会で生きていかれるか。

また、結婚して家庭を持った子どもが

どんな、夫・妻、父親・母親になるか・・・。


次の代にまで及ぶ育児の結果までを

意識したご意見を聞いたときには

子どもが50歳になるまで生きて見届けるのは

大変だという気持ちが一番でした。


先生は、私の親の世代の方ですし

ご自身が、とても凛とした生き方をされているうえに

お子さんたちも自主性が強く、素敵な方たちです。


戦後の時代の流れの中で

家族の在り方や、価値観は猛スピードで変化しています。

それにともなって、親からの独立が難しい方たちも

増えていまね。


昨年あたりから、就職活動も厳しくなっていますし

かつての就職氷河期に当たってしまった方たちは

生活が大変のようです。


大きな社会の流れの中にあっては

個人の力は無力のようですが

その厳しさを体感した人たちの中から

社会改革が進める原動力が生まれる気がします。


地震などの災害のときに乳幼児を抱えていると

おむつや食べ物など、本当に心配ですね。

電車で学校に通う子どもがいるときは

緊急時の待ち合わせ場所について

学校も家庭も、真剣に対策を立てます。


我が家の子どもは、一番下がまだ高校生です。

つい最近、ふと思ったのですが

もう上の子どもたちは、何かに遭遇してしまったときに

おそらく人を手助けできる年齢だなと・・・。


事件・事故に巻き込まれたら、もちろん心配ですが

きっと他人のために働くだろうなと思います。

気学の先生が言う、親の責任の年齢には

まだまだ到達しませんが

何かひとつ、保護する時は過ぎたのだと思いました。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース





優しさのなかみを見てみる

2010年 6月 07日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: ブログ

「優しい人が好きです。」

どんな人が好きかという質問に

よく出てくる答えですね


恋人、夫婦、親子、友人・・・。

どんな関係でも喜ばれる優しさですが

優しさの裏にあるものを感じ取ることが大切です。


相手の成長を見守る優しさ。

相手の存在を受け入れる優しさ。

片目をつぶって見る・・・相手に完璧を求めない。


そんな優しさに触れると人は心を開きます。


優しい人ですねと言われれば嬉しいですしね。


でも優しくするしかできない人もいます。

自己主張というと、否定的なイメージを感じるかもしれませんが

自分というものを表現していくことは大切です。


自分の意思を相手に伝えていく方法を開発できていない。

イイ人でいたいというのは

自分に自信が持てないときに起こりやすいです。


イイ人でいたいというときの優しさは

視点は自分に向いてしまうので

コミュニケーションを閉ざしていることにもなります。

関わり合いから一歩引いてしまうということです。


お互いの間に争いやぶつかり合いという

感情の波立ちは起こらないですが

それは愛のある優しさでしょうか。


自分の優しさのなかみを見直してみませんか?



【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース








才能を開花させるために決意表明してみませんか

2010年 6月 06日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: ブログ

人生のどの時点で才能が開花するかは

ひとりひとり違います。


子役、スポーツ選手、演奏家・・・。

これらの職業の人たちは、

早い時期に活躍する人が多いですね。


持って生まれた才能が努力とチャンスで

人生の早期に開花します。

自分のアイデンティティが形成される前に

注目を浴びるプレッシャーの中で

自分を作り上げていくのですね。


それとは反対に生きていくことで体験したことが

才能となる人たちもいます。


それまでの人生が苦労の連続だった人。

親からの保護を充分に受けられなかった人。

自分のことよりも、家族の面倒をみることを

優先しなければいけなかった人。


そんな、成長のために大きな課題に

取り組んできたような人たちは

課題を乗り越えるたびにキャパが大きくなって

小さなことには動じない優しさを持つ人が多いです。


もう充分に課題をこなしたと思えたときには

「これからは自分のために生きる」と決意表明

してみませんか?


そのときにはコントロールゲームからも

卒業しましょう。

自分の譲れない好みの道を歩き出そうとするときには

「わかってくれない」と訴える他者がお試しのように

現れることがあります。


誰かのために自分を生きられないというのは

自分の作り上げたパターンです。


「わかってくれない」と訴える人は

その人自身が解決する問題をもっています。


環境が悪いのか。

それともその人が自分自身をわかっていないのか。

また、その人自身はどれほど他人をわかっているのか。

でも、それはあなたが解決する問題では

ありません。

「自分の才能を開花させて生きる」という想いを

どんなときにも手放さないでいると

必ず自分の道を歩いていくことができます。

【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース




自分の年齢を生き抜いていますか?

2010年 6月 05日

アーカイブ:2010年6月  カテゴリー: ブログ

心理学で人生を4区分にして考えることをします。

精神は成長するし、肉体は発達して老いていくので

その区分に合った生き方を調整していくのですね。


西洋占星術でも、各惑星を年齢域にあてはめて

個人の成長を理解する考え方があります。


大まかな傾向ですし、惑星が象徴する事柄は

いくつもあるので、ほんの一部ですが書いてみますね。


7歳までの月の年齢では、個人の内面を育てます。

心理学でも幼児期の環境は重要視されます。

シュタイナー教育では、この時期のこどもには

テレビや教育といった外からの刺激は好ましくないとしています。


今の日本では、なかなか実行しずらいですね。

幼稚園の子どもたちは人気アニメのごっこ遊びに

熱中しますから。


15歳までの水星の年齢域では、コミュニケーションを

学びます。

幼稚園、学校と進むにつれて多くの他人と関わるのですから

仲良く過ごす方法を知り、口喧嘩や取っ組み合いの喧嘩を

通して、自分を表現する方法を学びます。


時期は少しずれますが、思春期のこどもが

友達にも先生にもわかってもらえないし

家庭の中では、親からの圧力に自分の想いを伝えられない。

そんなときに部屋の壁を殴りつける。


壁に穴が開くか、自分の手が痛むか。

どちらにしても、言葉によるコミュニケーションについて

考えるチャンスでしょうし、

自分の腕力を知るという、肉体のコミュニケーションにも

気づくでしょう。


25歳までの金星の年齢域では芸術性や愛。

自分の好きなことや嫌いなことを知ることができる。

部屋に好きなタレントのポスターを張ってうっとりしたり

誰かのファンクラブに入る。


遊びに熱中して、寝ないで会社に行く。

趣味でも恋愛でも、好きだから夢中になることによって

見えてくるものがあります。


まだ自分のことを、一番に考える年齢ですから

恋愛でも、なるべく抑圧しないほうが良いです。

誰かを思いっきり愛した経験は大切です。


何を仕事にするか、どんな家庭を創っていくか・・・。

自分の好みが明確なほうが良いです。


そして35歳までの太陽の年齢域では

自分のアイデンティティを確立して社会参加していく。

自分探しの旅にでる人もいますね。


45歳までの火星の年齢域では

社会に対する自分というものを押し出していく時期ですから

自分のカラーで仕事に熱中していきます。

その結果、大きく成功もするし叩かれることもある。

専業主婦だったら子育てや、そこから関わっていく

人間関係や親族、学校、社会の中で

どんな自分のカラーで生きるかという課題です。


55歳までの木星の年齢域では

広げていくことがテーマになります。

仕事でも人脈が増えていくし

それまで経験してきたことを生かして発展させていく。


家庭に生きていた女性も、

子どもが自立していく年になり、自分の時間が増えます。

親の介護というテーマも出てきますが

意識や視点、自分の生きる環境に変化がありますね。


これ以降は土星の年齢域。さらに細分かして

他の惑星をあてはめる考え方もあります。


社会性や自分なりのルールを完成して行く。

組織の中でもトップのポジションにいる年齢ですし

今まで自分が学んできたことを

社会に還元していく時期でもあります。


誰かのお世話をする、役に立っていく時期ですね。

この時期になって、どれだけ自分を生き抜いてきたかで

人生の喜びや充実感に違いがでるでしょう。


次の世代に手渡すことができる

智恵や知識、経験値も個人差がでるでしょう。

社会的に成功しなくてはいけないということではないです。


政財界に名を残すような、

大勢の人たちの生活を養うような

社会改革を目指して人々に貢献するような

そんな道を生きる人もいれば


その人の傍にいるだけで

安心できる

元気がでる

そんな存在であってもいい。


そのためには、今を悔いのないように

丁寧に生き抜くことが大切です。



【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース