恒星パスワークはブループリントを体感できる

2010年 5月 31日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: パスワーク

松村潔先生の

新パスワーク・生命の樹 ~恒星を探す~

行ってきました。


直観で申し込んだときには

現在のトランシットを意識していなかったのですが

大きな変化のときに、次のステージへの橋渡しになった

ワークだったと思います。


西洋占星術を知っている人は理解しやすいですが

ホロスコープに描かれている各惑星に

恒星から与えられている影響を知ることができます。


古くから知られている恒星占星術とは違って

恒星パラン占星術を使って、自分のホロスコープの

惑星への影響をパスワークで体感します。


人生の時期に対しても四区分で

恒星の働きかたの影響を知ることができるので

西洋占星術の年齢域をより深く知ることができます。


さらに惑星の働きかた、使い方を具体的に

理解できます。

たとえば金星だと、感性や愛の表現の仕方がわかります。


愛といっても個人差がありますね。

見守る愛、お世話したがる愛、何を愛するか・・・。

その傾向というのは、占星術で充分に理解できますが

それに恒星を付け足して知ることができるのは

もっと揺るがない使命的なものです。


何度も書いていますが、知っていることと体感することは

それを実現化するときに違いが出ます。


私は、パスワークというのは

最強のイメージワークの一つだと感じています。

漠然とイメージするのではなくて

パスワークの中で、見る・感じるということは

感情が動くということです。


感情が動くと現実を変化させやすいです。

恒星という揺るがない影響力を感じた時に

自分のホロスコープから読み取れる人生の地図や

ブループリントに対して納得することができます。


たとえ今までの人生においてどんな困難が

あったとしても、それは成長のための経験だということ。

そして恵まれたことは、そこで得た幸せや経験を

どう他者に分かち合い、広げていくかということ。


変化の時期を、良い体感で過ごすことができて

感謝です。




魂のバトン・リレー

2010年 5月 29日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: ブログ

魂は自ら、課題にふさわしい時代や親を選んで生まれてくる。

そして家系の良いところを引き継ぎ、修正するところを

修正する。

女性であれば母や祖母の魂のバトンを受け取る。


ちょっと抽象的で妖しげな表現にみえますか?


たとえば、代々医者が多く出る家系。

教育者が多い。手先が器用で職人が多い。

経営者が多い・・・・など。


必ずしも全員がそうではないけれど

そんな傾向のあると気づくことがあると思います。

そしてその傾向は、結果として職業の選択としてでているけれど

資質が受け継がれていると考えると

より家系のテーマが見えてきやすいでしょう。


女性であれば、自分と母親との関係に気づくこと。

そして祖母と自分の関係。

さらに祖母と母親の関係。


自分が人生を生きずらいと感じているときには

親との関わり方を、過去から見直してみるというのは

カウンセリングでもふつうに行うことです。

すると、親がどんな思いで成長してきたのかということを

考えることになります。


親や祖父母の表の人格と裏の人格を理解すると

自分の生きるテーマが理解しやすいです。


素敵なところは大いに見習って発展させていく。

もしも、愛情表現で課題があるとか

お金のトラブルが続くとか・・・・。

何かのテーマが見えてきたら

それを嘆くのではなくて修正していきましょう。


母や祖母から受け継いでいるテーマも理解しただけでなくて

彼女たちの思いを体感できたときには

自分の人生を充実して生きていくための

素敵なエネルギーになっていきます。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース


現実が変わるときに、瞑想はかかせない

2010年 5月 26日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: 瞑想

毎日の暮らしが大きく変化しているという声を

よく聞きます。


政治経済・社会がこれだけ動いているのですから

それと同じエネルギーの中にいる私たち個人にも

影響は出てきます。


現実が動くときには、必ずしも自分の好みの出来事が

起きるわけではないですね。


目の前の出来事に良い悪いのジャッジを

したくなるときには

自分の感情や身体の変化を見てみましょう。


怒りや悲しみといった感情のまま

変化に対応しようとしても良い結果は生まれにくいでしょう。

もっと望まない方向に進むのは惜しいです。


私は瞑想が手助けになります。

今日は第一チャクラに対応するマントラの瞑想と

活性化や気づきを促進するジャプースモークヒーリングで

自分のバランスを整えました。


第一チャクラは、土台を作るのに大切です。

深い瞑想に入れて、結構イイ感じと思った瞬間に

喉につまりを感じました。


喉というのは自己表現や伝えるということです。

自分の思いをスムーズに伝えられないとき

そして変化のときにも、声がでなくなることがあります。


もう少し整えた方がよいと思い、第二チャクラ対応の瞑想を

続けました。

第二チャクラは愛と豊かさです。

丹田の場所なので、第一チャクラの瞑想とともに

グランディングに効果があります。


瞑想でもなんでも良いのですが

自分の感情や身体のバランスに気づいて

整えるものを持つといいですね。


社会が大きく動いているのは止まらないので

個人のレベルでも大きく変化する人は多いでしょう。

自分の生き方に関係なく目の前に

いろいろと起きることがあると思います。


そんなときに気づきや本来の自分に帰れる方法を持つと

感情や思考・行動反応は自分の責任だと思えるようになります。

責任というよりは、むしろどんな反応を選ぶのかは

自分の自由だと気づくのではないでしょうか。



【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 



五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース



ヘッド・スパとメッセージ

2010年 5月 25日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: ブログ

シンボリックセラピービギナーコースを修了された

金子さん がホームページを作成されるということで

ヘッド・スパの写真撮影のモデルになってきました。


着衣のまま椅子に座っているだけでよいセラピーです。

フェザータッチで肉体だけではなくて

エーテル体の補修もしているようでした。


首や肩、腕の軽い調整もあります。

頭のや首ののリンパ液というのでしょうか

体液が停留すると、身体に悪影響がでるというので

整体やカイロをしている知人たちはそれを流します。


疲れた時に首の後ろがむくんだようになって

横筋が入って、段になることがありませんか?

ヘッド・スパではその横筋もとれました。


施術を受けているとだんだん眠くなります。

写真撮影なので起きる努力をしましたが

気がつくと深いα波かθ波状態に引き込まれます。


あのまま眠ってしまいたかったです。

施術終了後には、彼女が感じたメッセージを教えてくれます。

「頭をいじっているときに、いくつも白い花火のようなものが

 出てきて楽しかったです。

 第3チャクラにたき火があって当たらせてもらいました。

 足首が辛そうでした」


こんな感じではじまるシンボルをたくさん散りばめた

メッセージを教えてくれます。

足首は痛めた古傷と、それをかばっているもう片方の

ダメージがあります。

当たっていますね。


私は最近の占星術トランシットの大変革に

しっかりと巻き込まれていますが

楽しいこともあれば、大変なこともあります。

再生、発展ですから・・・・。


そういうときに、おもしろい&暖かいという

エネルギーイメージを発信しているのであれば

それは、今の自分が考えていることや

選択していることがOKということです。


しかも「喉を触った時に、オパールのネックレスをだして

こんなの持っているのと見せてくれたんです」とのこと。

これもスゴイ。

これからいろいろなことを積極的に伝えていくという

課題があるのです。

トランシットから見るとそれが始まりつつあるところです。


いろいろと教えてくれてありがとう。


ヘッド・スパはお勧めのセラピーです。


悪いことが続くときこそ変われるチャンス

2010年 5月 24日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: シンボリックセラピー

トラブルが続くと、「ツイていない」と思いますか?


他人とのコミュニケーションでトラブル続き。

お金の問題。

チャンスを不意にしてばかり・・・。


信じられないくらい同じような「ツイていない」が

連続することがあります。


自分はいつもと変わらない生活をしているのに

トラブルが発生するときは、変化の合い図かもしれません。


とりあえず日々を過ごしてきたけれど

隠れた問題の先送りができなくなったのかもしれないし

大きく飛躍するために、現状から踏み出しなさいという

合い図かもしれません。


それに気づかないでいると

何度でも同じようなことが起こり、見直しを要求されます。

だからトラブルは悪いことではないのですね。


目の前に起きていることが自分に何を伝えているのか

その原因に気づくことができると

大きく変われるチャンスになります。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 








五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース

嗅覚は感情を揺らす

2010年 5月 22日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: シンボリックセラピー

今日は高尾で

シンボリックセラピーワークショップ 土日コース 

嗅覚応用の講座を担当してきました。


五感を鍛えるためのワークですが

嗅覚というのは、ふだん意識していなくても

私たちの感情に大きな影響を与えています。


アロマテラピーやアロマキャンドル、お香などを

生活の中で活用している人も多いですね。


嗅覚は大脳に直結していて

その近くには感情を司るところがあります。

つまり、匂いを嗅ぐと感情に影響を与えることができます。


疲れたとき、イライラするとき、悲しいとき・・・。

ネガティブと思う感情を、心の奥に押し込めると

忘れたようでも、実はしっかりと心に残っています。


感情は解放させたほうが良いです。

旅行に行く。

カラオケで大きな声を出す。

おもしろいテレビや映画を見て大きな声で笑う。

いろいろな解放方法がありますね。


嗅覚で感情を癒したり、コントロールができると

瞬時に効果が出るのでとても便利です。


目的別にブレンドされた香りのグッズが販売されていますが

「癒される」というキーワードでも

その人によって香りは違います。

「癒される」ために必要な感情の調整は

個人差があるのですね。


甘いケーキの香りに幸せという感情が揺れる人。

グレープフルーツのさわやかさで揺れる人。

「癒される」ための香りも、その人オリジナルです。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 




五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース

はるひなたタロットパスワーク合宿in熊本

2010年 5月 21日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: シンボリックセラピー

シンボリックセラピーの創始者であるはるひなた

夏至の日のパワースポット巡りとタロットパスワーク合宿が

開催されます。


マルセイユタロットのタロットマンダラに入る

はるひなたのパスワークでは

その人の魂の成長度を感じることができます。


日常生活のなかで、自分の感情や思考を意識する機会は

多いです。

感情・思考・そして行動は私たちの心の中で

どうやって創りだされていくのでしょうか?


自分自身を俯瞰する大切さや

そのためには自分の視点を高くする必要性があることなど

文字で読んだり、耳で聞いても

体感するのは難しいのではないでしょうか?


タロットパスワークのメッセージは

今の自分の現状を理解することや

自分が望んでいること

そしてそのためには、どうすれば良いのかということを

知るヒントをつかむことができます。


日の国・火の国熊本。

パスワークはどこでするかという

場所のエネルギーが影響することがあります。

どんなパスワークになるのか楽しみです。


  あなただけの22の物語
~タロットパスワーク合宿 in 熊本・高千穂~

お申し込み詳細はこちらから お願いいたします。



水晶視はエーテル体でのコミュニケーション

2010年 5月 20日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: ブログ

松村潔先生の水晶視の講座の第2回目でした。

講座の運営担当が、シンボリックトレーナーの

内藤さんだったことがきっかけで参加したのですが

とてもためになる講座でした。


私たちを構成しているものは

目に見える肉体という身体のほかに

目には見えないエーテル体などの身体があります。


水晶視講座で練習することは

水晶にエーテル体の情報を反射させて読み取ることです。


水晶は時計などの精密機器にも使われますが

エネルギーを増幅させる効果があります。

かつては水晶を送受信の通信機として使っていたことも

あります。


講座の中では離れた位置にいる人と

頭のなかに思い浮かべた情報を送受信するということを

しましたが、初めての体験でたどたどしい解読ではあるけれど

みんな送受信できていますね。


エーテル体では、頭のなかで感じ取るイメージよりも

余分な感情や雑念が出てこないようです。


日常生活の中で、言葉には出さないけれど感じる

相手の考え・感情といったものや

離れている友人を思い浮かべたら

電話がかかってきたという

肉体のコミュニケーションとは違った

コミュニケーションが、このエーテル体のコミュニケーションです。


水晶視の練習をしてエーテル体の情報を取れるようになると、

自分の中にある感情や願いも

余分なものがそぎ落とされていくようです。

願いの現実化も早くなるのでしょうね。





【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 


五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース




社会を変えるのは家庭から

2010年 5月 18日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: 家族

日本の政治・経済・社会をみて

大きな変革期にきていると感じている人は多いでしょう。


厳しい労働環境に身を置く人

生活の見通しに希望を持てない人

それぞれの問題は簡単にクリアできることではないと

思います。


そのときに大切なことは

自分がどのような心の状態でいるかということです。

緊張や不安だけでつくる現実は

より暗いものを引き寄せてしまうでしょう。


そのためにまず出来ることの一つとして

家族が幸せでいること。

それぞれの家庭によって

どんなときが家族全員で幸せと感じるかは

違いますね。

いろいろな幸せの形があっていい。


そして、心が幸せな家庭が増えていくことで

ご近所や地域、そして職場や学校・・・。

少しずつでも変わっていくでしょう。


家族が本当に幸せかどうかを知るためには

コミュニケーションが大切です。

誰かが無理をしていないか、負担が大きくないか

気持ちを察するだけでは理解することは難しいでしょう。


だけど家族のコミュニケーションが一番難しいのですね。

誰もが家庭ではリラックスしたいでしょう。

簡単には離れない、壊れない、修復が可能という思いで

お互いが自我を出しやすいです。


生活していくためには、細々とした雑事や家事は

山のようにあるので、その分担を巡って起きる利害関係も

他人との関わり方とは違って

遠慮のないやりとりが交わされます。


そのなかでセンタリングしている自分

コントロールゲームにはまらない自分

自立した自分を目指すことが

大切になってきます。


家庭のなかで笑顔が増えていくこと

お互いが信頼できること

地味なようですが、それが基本だと思います。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 


五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース



アイデンティティをつくる ボン教のゾクチェン瞑想

2010年 5月 17日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: 瞑想

パスワークのメッセージがきっかけで通うことになった

ゾクチェン瞑想会です。

チベット仏教のニンマ派のゾクチェンではなくて

ボン教のゾクチェン瞑想を学べるのは、日本で唯一

森さん の瞑想会のようです。


シャンシュン・ニェンギュという経典の解説と

空(そら)の瞑想をします。


私たちの生活の中では、気づかないうちに使っている

仏教用語や各宗教用語があるのですね。

教科書で、大乗仏教・小乗仏教とか学習しているものの

興味がなければそこで終わりです。


講義を聞いていると奥が深いし、自分の知識が曖昧だったと

気づかされます。

「ありのまま」という言葉をとっても

顕教・密教・ゾクチェンでは解釈が違うようです。


そして私たちが読んだり聞いたりしている

スピリチュアル・精神世界・心理などの解説も

みんなが理解できるように説明するために

それぞれ工夫されています。


時間と地域を超えている。

東洋と西洋の違い。

唯一神、多神、アニミズム、シャーマニズム。

アカシックレコードへのアクセス。

個人的なチャネリングや啓示。


意識して学ぶことをしなければ

私たちが得る知識というのはいろいろなものが

混ざり合っています。


熟成されているものを取りこむことができるし

その違いに混乱することもあります。

だけど自分のアイデンティティを確立するためには

欠かせないものです。


社会の中で、家庭の中で

コミニュケーションを潤滑にするためには

自分を知って参加することが大切です。

親と子 お母さんは太陽だよね

2010年 5月 16日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: 家族

太陽のようなお母さんと聞くと、どんなイメージが浮かびますか?

明るい。

朗らか。

笑っている。

パワーがある・・・・。


では、それを聞いてどう感じましたか?


「その通りだわ」と安心しましたか?

それとも、「最近は体調も良くないし、気分が冴えない」

「おとなしい性格だし、思ったこともあまり言えない」

だから、とても太陽にはなれないと気分が落ちましたか?


太陽といっても

春、夏、秋、冬、晴れている日、曇りの日・・・。

実はいろいろなイメージができます。


また、日照時間の少ない国では

太陽の光はとても貴重なので喜ばれるでしょう。

でも、気温40度を超すような砂漠で照りつける太陽は

人の命を奪います。


だけど植物の芽を育て実らせる力は

どの時代でもどこの国でも変わりません。


家庭の中にあって、働いていても専業主婦であっても

こどもを育てるだけでなくて

家庭を育てていく女性の力は太陽と似ています。


自分の性格にあった、自分の太陽のイメージを見つけて

育てていけると良いですね。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 


五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース



親と子 家族であっても別の魂なんです

2010年 5月 14日

アーカイブ:2010年5月  カテゴリー: 家族

思春期を迎えた子どもとは

進路や就職のことで話す機会があると思います。


中学や高校では、親子と担任の3者面談で

進路について話し合いますから

親としても関心を持つことになります。


「進路については本人の意思にまかせます」という考えで

いっさい、親が口を出さないと決めている家庭もあれば

本人の自主性にまかせながらも、内心は合否で

ドキドキすることもあるでしょう。


親からみた、子供の才能や適性も間違ってはいなかったり

します。


自分が生きてきた経験や、知っている情報を伝えたくなることも

ありますね。

親子の会話の中で、押しつけにならない程度に話すのは

家族の会話としてありだし、

質問されたことに答えるのはOKです。


でも、子供が選んだ将来のビジョンに対しては

信頼したほうが良いです。

たとえそれが自分だったら選ばないコースややり方であっても

子どものやりたいことを尊重したいものです。


なぜなら親の潜在意識の中にある成功体験は

親であるあなたの魂が選んだ、あなたの成功体験

だからです。


子どもの魂が選ぶ子どもの将来は

子どもの潜在意識の声を聞くのが成功への道になります。

子どもの魂は、親が想像しないようなコースや

思いがけない閃きを見せてくれます。




【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       加藤勢津子    内藤ゆか                        

                        



 【講 師】 シンボリックアカデミー公認トレーナー    

       黒川西湖     内藤ゆか 


五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾平日コース