感情の解放 癒すということ

2009年 9月 29日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

30年ほどまえに、私が占星術や心理学を学びはじめたときは

精神世界系の本は、まだマニアックなものしか

なかったと思います。


ちょっと、オカルトちっくなジャンル。

誰でも自分の高次の存在に繋がれるのだという情報が

広がりだしたのは、

1980年代の半ばにダリル・アンカが来日した頃からでしょうか?


最近は、セラピーやヒーリングなどでも

覚えきれないほどたくさんのメソッドがありますね。


オーラやチャクラをはじめとする、

目に見えないエネルギーの世界も認知されてきたようです。


心と体のつながり。

すべての答えは自分の中にある。

自分の潜在意識が投影される現実世界・・・。

心のシクミについて、いろいろな情報が発信されています。


でも、知識や技術をたくさん知ったとしても

それを体感して、腑に落ちなければ

消化不良になってしまいます。


言葉で伝えることの難しさですね。

本当はすごくシンプルなのに・・・。


感情の解放でも、どこまで掘り下げていくのか?

最近では前世療法をやっても

問題が解決されなかったという話も聞きます。


心理カウンセリングでも、とりあえず日常生活を

無理なく過ごせるようにするためのアプローチをどこからするか。

誰にでも共通する「正解」というのはないようです。


感情が問題なのか。

行動や思考を変えることが先なのか。


シンボリックセラピーのビギナーコースの

トレーニングのひとつに「愛しています」という

ポジティブな言葉を使うレッスンがあります。


他人から「愛しています」というエネルギーを送られたときと

自分に「愛しています」と伝えたとき。

その差を比べてみるとよくわかります。


自分で自分に「愛しています」と語りかけたときの方が

強い癒しが起こります。

そして、その時に感じた穏やかに満たされた

心の状態を長く保つことができます。

人は変わらない~成長していくだけ

2009年 9月 27日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

自分の性格を変えたい。

自分の人生を変えよう。


そんなことを考えたことのある人はいませんか?

良い性格の人、または悪い性格の人っているのでしょうか?


人が生まれ持つ資質に良い・悪いはありません。

自分の性格の長所と短所を書きなさいという書類を前にして

困ったことはありませんか?


明るく積極的な性格が、ある場面では押しが強い無神経な人になる。

物事を深く考える人が、根暗で消極的な人だと評価される。


大勢の仲間に囲まれて、楽しく盛り上がれる人が良い人なのか。

一人の時間を愛して思索に耽ることが好きな人はダメな人なのか。


人生がうまく進まないときは、その人の性格が問題なのではなくて

エネルギーが過剰か不足しているかを考えるだけで良いです。


持って生まれた資質が問題なのではなくて

その人が自分らしく生きられているかどうか・・・。

センタリングという言葉を使っても良いし

充実度が高いかどうかという考え方でも良いでしょう。


自分に正直に生きている、

無理なく肩の力が抜けて毎日を過ごせている時は

持って生まれた資質はポジティブに表現されます。


人に振り回されている、自分に我慢をさせて無理している時は

その資質のネガティブな面が強調されます。


性格や生活を何とか変えようと力を入れるのはやめましょう。

自分に欠点があるという考え方も捨てましょう。


肩の力を抜いて、誰かと比較するのでもなく

自分にとって心地よい生き方を選んでいきましょう。




乙女座の新月が効いている

2009年 9月 25日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

西洋占星術を日頃から意識して生活していると

トランシットの影響を受けやすいと聞きます。


暦でも同じような話を聞きますね。

月の満ち欠けを意識していると、自分の意識がそのリズムに合わせて

思考や感情にまで影響がでてくるとか・・・。


西洋占星術で自分の過去のホロスコープをチェックしてみると

トランシットの影響はとても大きいのに驚かされます。


乙女座のイメージは、計画性、几帳面、整理整頓・・・。

土星が乙女座にいるので、ルールや土台を作る意味もプラスされます。


私のホロスコープでは10室で新月が起きています。

土星と天王星の180度で、変化も激しいですね。


でも、トランシットの影響は乗り越えたときに素敵なご褒美?が・・・。

脱皮して出てきたら、あたりの景色がすっかり変わっていて

思いがけない展開が待ち受けている感じでしょうか?

9月25日(金)はシンボリックセラピー平日コース

2009年 9月 24日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: シンボリックセラピー

シンボリックセラピービギナーコース

        高尾平日金曜コース  120分/全15回

 
人間の潜在意識の中には、幸せになる、成功する、夢をかなえるための情報があります。私たちは、感情や経験や状況を五感から取り入れ、脳でイメージや感覚に変換させて記憶します。イメージや感覚に変換して保存された記憶は解読しなくては、理解が出来ません。
このコースでは、五感をトレーニングし、あなたの潜在意識の中にある記憶(シンボル)の取り出し方と、読み方である、シンボリックリーディング法の基礎を学びます。
受講後、自分で自分の潜在意識を読み取る方法「セルフマインドリーディング」ができるようになります。


3 Sight(視覚)リーディング 応用

     講師  内藤 ゆか


4 Aural(聴覚)リーディング 基礎

     講師 加藤勢津子 Taohua 35 

※どのレッスンから、参加されても、可能です。



詳細・お申込みはこちらまで

2泊3日のタロット合宿 松村潔とはるひなたのタロットエネルギーメソッド・特別集中講座

2009年 9月 22日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: 講座
占いではないタロット講座のお知らせです。

マルセイユタロットを使い、タロットのカードを一枚一枚体感していくことで、自分自身の魂の成長を知ることができます。

タロットを並べることが、宇宙マンダラであり
そのカードの中に入ることによって、より深く自分自身に
アクセスすることができます。

松村先生の千駄ヶ谷の事務所では、バイノラルビートを併用した講座で
2枚のカードを体験しました。

自分のガイドと出会えるかどうかでドキドキしましたが
参加者のみなさん、無事それぞれのイメージで会えたようです。

2枚目のマジシャンのカードで、私は自分がどのようにして生きていくか
本当の望みと、過去から現在の生活のなかで
そのために何をしてきたかというビジョンを見せてもらったようです。

通常のコースですと、一日にカード2枚の体験ですが
合宿では22枚のカードを続けて体験することができます。
未体験のことなので、どこまで変容できて
現実の生活がどれくらいのスピードで変化するのか予測できません。

7月の講座で「神の家」
9月の講座で「愚者」「手品師」

不思議なことに、自分のホロスコープのトランシットと
シンクロしている気がします。

☆☆・・・・・☆☆・・・・・☆☆・・・・・


松村潔先生とはるひなたさんによる、これまでのタロット講座とは全く異なる最新のタロットの修得法として、
タロットを力の手引きとして使い、
自分自身や自分を取り囲む周囲のものや、
過去や未来のエネルギーを扱い、調整したり、変容させる方法を公開します。


エネルギーを変化させると現実の現象もとても早く変化していきます。
○日時   ・11月20日(金)
      ・11月21日(土)
      ・11月22日(日) 
       2泊3日間

○講師      松村潔  はるひなた

○場所    静岡県 伊豆長岡こだま荘 

お申し込み詳細はこちらまで

女性が人生をリセットするとき 家族問題で悩んでいる人へ その2

2009年 9月 21日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

結婚に限らず、他人との出会いにはテーマがあります。

人間関係をリセットするときには

どんなテーマがあり、何を学んだのかということを感じてみましょう。

パートナーとの関係を解消するまでには

いろいろな出来事があり、お互いが心を悩ませたことでしょう。

現実の生活で起きたことを振り返った時には

どちらかが一方的に、相手から悩まされ続けた関係もあると思います。

「ひどい相手だね」「よくがんばったね」という言葉を

第三者からかけてもらえるかもしれないです。

その言葉で救われることもあるでしょう。

でも、どんな出来事が過去にあったとしても

それは自分にとって必要な学びが、そこにあったということです。

一緒にいることで学ぶテーマがあったのですね。

だとしたら、そのテーマに気づきましょう。

もう気づいている人もいるかもしれないですが

テーマを感じるときに大切なことは

「意識を今の自分に置くこと」

グランディングしている。

自分の軸を持つ・・・などと言い換えてもいいです。

過去の生活を整理するときに、

過去の自分の感情に飲み込まれないこと。

冷静に分析しましょう。

怒り、恨み、悲しみ、失われた自信や希望。

よく「手放しましょう」といわれますが、簡単に手放せますか?

学ばせたもらった感謝の気持ちが湧き上がったすぐそのあとに

また出てきてしまう負の感情。

心の浄化は、たぶん一生続けていくものなのでしょう。

「私は心の浄化が終わって、自由に生きています」と

誰かに言われても、焦らないでください。

あなたは、あなたのペースで進めば良いです。

未来に意識を飛ばすこともしないでください。

経済的な不安。

愛のある生活はできないのではないのかという孤独感。

いろいろ襲ってくるかもしれませんが

それは、疲れ切っていたり、自信を失っていたりする

今のあなたがイメージする、将来のビジョンに過ぎません。

あなたが、あなたらしさを取り戻しただけでなく

テーマをクリアして成長したことに気づいた時には

今とは違った将来をイメージすることができるでしょう。

女性が人生をリセットするとき  家族問題で悩んでいる人へその1

2009年 9月 21日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

結婚生活をスタートさせたときには

自分なりの夢や希望、抱負をそれぞれの形で持っていたと思います。

その結果離婚した人。

離婚に向けて協議中の人。

心の中で揺れ動いている人。

パートナーと、お互いが憎みあったり、冷めてしまうカップルもあれば

どちらかが相手に対する愛情を持ち続けているなど

終止符が打たれるときの形もいろいろでしょう。

明日からの生活に希望を持って心の整理が

ついている人もいれば

子供のことや過去の時間で生まれてしまった心の傷で

平穏な心でいることなどとても無理な人もいるでしょう。

過去の時間を振り返って心の整理をすることは

これからの自分の人生を生きていくためには欠かせません。

そのときに忘れないで欲しいことは

あなたの結婚は失敗したわけでもなく

敗北でもなく

失われた無駄な時間でもないということ。

パートナーと出会って、必要なことを学んだだけです。

学びを終えて別れを選んだ。

学びを終えつつある。

ただ、自分にとって必要な学びではあったけれど

心地の良い学び方ではなかったというだけです。

体からのメッセージの解読 股関節の痛み

2009年 9月 20日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: シンボリックセラピー

シンボリックセラピービギナーコースの、レッスン14で学ぶ

体からのメッセージの解読法より~

体の痛み、痒み、痺れ、重さなどから、自分の今の状態を知るための

レッスンです。

医学的な根拠に基づいているものではありません。

体の不調は、バランスが崩れていることを教えてくれるものであり

エネルギーの過剰か不足かを知ることができます。

股関節の痛みを抱えている女性は多いですね。

特に出産を経験すると、骨盤のゆがみが残るらしく

骨盤矯正という治療メニューはよく目にします。

女性性に関わること。

あとやはり、腰とともに体を支えながら、前に進むために重要な働きがあります。

「勇み足」「二の足を踏む」

自分が立つところのエネルギーが、過剰か不足か。

自分の人生で、希望どおりに前に進むエネルギーが過剰か不足か。

レッスンでは、このようにじぶんの体と対話していきます。

私がねんざの古傷の治療や体のケアでお世話になっているのは

リカバリー代々木治療室 さんです。

女性の院長先生で、スタッフも全員女性です。

鍼灸・マッサージ・ロミロミを使いこなして治療してくれますが

女性同士なので、どんな体の部位でも気にしなくてOKです。

ロミロミでは「骨盤の中に恨みつらみが溜まるのよ~」ということで

貝でそれをすくい取るそうです。

確かに「腹にいち物ある」「腹にすえかねる」・・・。

ことわざからイメージしても、溜まっていそうですね。

いくら心を浄化しても、過去の記憶が書き換えられても

日々の生活の中で心が乱れることはありますものね。

骨盤と股関節。

出産の影響だけではなくて、今までの家族関係だと

どうしても女性は我慢して、自分のことを後回しにしてしまうことが

多かったのではないでしょうか?

家族が大切だからと愛情いっぱいで過ごしていたつもりなのに

子供が成長して、自分の世話を必要としなくなったときに何を感じるでしょうか?

自分のための時間がとれるようになったことを喜び

まっすぐに飛び出していける女性は大丈夫でしょう。

趣味も仕事も持つ機会もなくて

主婦だから家を空けられないと友達づきあいも縁が薄くなっていたとしたら。

自分の生活をつくりなおすことから始めることになります。

若さが持つ美しさや体力はなくなり

仕事の経験もないか、もしくは勤めていてもそろそろ先が見えてくる頃。

女性に股関節の持病を持つ人が多いのがわかる気がします。

体からのメッセージは、現状を悲観するものではなく

不調と戦うものでもありません。

生活の見直しのチャンスです。

年齢差のあるカップル  女性が年上でもいいじゃない

2009年 9月 19日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

昨年あたりから、女性が10歳くらい年上というカップルと

お会いすることが多くなりました。

男性も女性も伸び伸びと、自分らしく生きている方たちです。

どちらかに依存することもなく、むしろそれぞれのライフワークに

取り組んでいらっしゃる。

私の親の世代は(昭和一桁)夫が妻よりも年下ということに

抵抗があったようです。

私の情報が少なすぎるのかもしれないですが・・・。

年齢差が5歳以上あると、できるだけ秘密のような雰囲気を感じました。

知り合いのとてもモダンな美しいご婦人は、10歳以上年下の

熱烈に彼女を愛していた(と、聞いています)恋人と別れて

男性の方は適齢の女性と結婚したとか・・・。

歴史好きなので、民俗誌を調べることがあったのですが

昔の日本人は、本音というか実態のところでは

意外と恋愛に大らかだったような気がします。

地域と階級によって、異なったかもしれませんが・・・。

男性が大幅に年上というカップルはいつの時代でも

ありましたね。

でも今年になってからは、20歳くらい女性が年上というカップルの話を聞きます。

お子さんがいるケースもあれば、いないケースもあります。

今は女性の出産年齢も上がっているようですよね。

愛というのは、本当に大切なテーマであり

素敵なパートナーに恵まれたいという気持ちは

多くの人が持っていると思います。

パートナーを選ぶときの希望は一人一人違うでしょう。

性格

容姿

職業

学歴・・・・。

自分の心に正直にパートナーを選べる人はいいですね。

家のため、世間体など・・・。

他人の目を意識してしまうことはないですか?

でも、他人の目を気にしてパートナーを選んだとしても

必ずしも予定通りの結婚生活になるわけではないです。

最近の流れでは「制限を外して自分の心に正直に生きる」ということが

大切なテーマになっているようです。

そういう意味では、女性が10歳以上年上のカップルは

自分たちの心のままに、正直にパートナーを選んで生きている素敵な人たち。

意味のない制限をはずして、正直に生きて行きましょう。

9月20日はシンボリックセラピー体験ワークショップです

2009年 9月 18日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: シンボリックセラピー

人間は誰もが3%の潜在能力しか使わずに生きているといわれてます。
残りの97%を使うためのひとつとしてシンボリックセラピーの一部を体験してみませんか?
・シンボリックセラピーって何?
・潜在意識って何?
・自分って人からどうみられてる?
・自分を知るにはどうしたらよい?
・心の目で見るって?
・潜在意識の情報はどんな風に読むの?
このワークショップは、あなたの五感をフル活用して潜在意識からの情報を解読
することができるエクササイズです。
●日時   2009年9月20日(日)16:00~19:00
●参加費 10,000円(税込)※ドリンク・スイーツ付き
       
●場所   cafe&bar 特異点
       東京都渋谷区道玄坂1-17-3 第2野々ビル3F
       TEL 03-5458-0033
●講師  シンボリックトレーナー カオリ

詳細・お申込みはこちらまで

海のエジプト展

2009年 9月 17日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: ブログ

念願だった「海のエジプト展」に行ってきました。

何といってもヒエログリフが美しかったです。

整然と彫刻された文字は、見ているだけで芸術品。

プトレマイオス朝の石像は迫力あるたたずまいです。

石像のドレープの美しさはユーラシアを辿り、日本の仏像へ。

デカンの祠堂は、これを小さくすれば日本の祠と同じ。

デカン・・・西洋占星術・・・。

頭の中はあちこちに飛びっぱなしです。

今回の展示は「海底から発掘された古代都市アレクサンドリア」という

時代と地域が限定された企画のせいか、だんだん頭の中がまとまらなくなりました。

古代エジプトといっても、3000年以上の長い歴史なので

自分の記憶の中のイメージはバラバラだと気づきました。

展示されている金銀の宝飾品は、海底から発掘されたものだから

その時代のほんの一部なのでしょうが、とても素朴な作りでした。

同時代のスキタイの金細工と、思わず頭の中で比べてしまいました。

古代エジプトからイメージするもの。

上エジプト・下エジプト・・・白と赤

動物・鳥・爬虫類・昆虫の神々から精霊・自然信仰

太陽信仰

王と神官の対立

薬草・精油・穀物

アンク

太陽の船  交易・・・

何だかバラバラ過ぎます。

シュメールやオリエント文明まで混じってしまっているようです。

売店で見つけて購入した本

古代エジプトの神々 (松本 弥  弥呂久)

時系列を含めて、頭の中を整理してみます。

エジプトは深い!

痛み、痒みからのメッセージの解読

2009年 9月 16日

アーカイブ:2009年9月  カテゴリー: シンボリックセラピー

シンボリックセラピーのビギナーコースレッスン14では

体からのメッセージの解読法をレッスンします。

「痛み、痒み」のキーワードは怒りです。

意外でしょうか?

それとも納得ですか?

怒りってなんでしょう?

自分の生活を脅かされた時に感じる怒りであれば

その裏に隠れているものは恐怖や不安です。

人間関係であれば、いつも自分の感情を抑えているとか

仲間に入れない疎外感など・・・。

これは怒りの裏には悲しみ。

恋愛だと、片思いや失恋で胸が痛みます。

片思いや大切な人を失いそうになっているときの

辛さのひとつには、自分の思いを正直に伝えられないもどかしさがあるでしょう。

「怒り」からイメージできるほんの一例ですが

こうやって怒りをみていくと、誰かに対しての感情のようではあるけれど

実は自分の心の中を見た方が解決が早いことが多いです。

自分のしたいことを我慢していたり、

相手の気持ちを思いやって感情を抑えていることが

みんなのためになるというのは錯覚かもしれません。

自分の心に正直に選択していくほうが

思いがけない解決方法で道が開けることが多いです。