私も色と形からメッセージを解読します。【音を観る~観音を描く】岩田吉樹×加東和

2012年 6月 29日

カテゴリー: イベント

明日(6月30日)の加東和作品展では
スピリットベル宙音研究所代表・岩田吉樹さんと加東和の
◆特別コラボレーションⅠ【音を観る~観音を描く】があります。

岩田さんが使うのは日本に古来から伝わる製鉄方法で作られた明珍火箸です。



『参加したみなさまに体験していただくことは 自分自身で実祭に音を出し その音を感じその音から感じた色や形を 大きな紙に筆で描いていただきます そして最終的には加東和が皆様の描いた線や形を元に大きな観音の作品に仕上げていくというワークショップです

こんなコンセプトのワークショップですが
音から感じた色や形を表現するというのは
あなたの潜在意識からのメッセージでもあるんですね。

私も会場にいるので急にコラボに参加したくなりました。
なので ワークショップに参加してご希望された方には
感じた色や形から メッセージを解読してお伝えしようと思います。
 
インスピレーションで感じたことは偶然ではないんですね。
だけど「何でこれが出てきたのかしら?」と不思議に思うことはありませんか?
せっかくなので解読のプレゼントをします。

色や形をシンボルにして読み解いていくと
意外なメッセージが
出てくるのでワクワクしてお楽しみくださいね。

イベントの詳細は下記をごらんください。




加東和作品展【女神の復活】ニュートラルな こころ


◆会期 2012年6月30日(土)10時~19時
          7月1日(日)10時~18時

◆会場  半蔵門 三番町倶楽部


      
    ◆会場の地図はこちらです

      
     建物の名前は   パークサイドアネックス4階B
     内堀通り 墓苑入口 信号前のレンガのマンションです。
     インターフォンを押してご来場ください

ご挨拶


 私が絵を描くときに 気を付けていることが一つだけあるとすれば
それは ニュートラルであること 
つまり なるべく自我を薄めることです

私は 意気消沈している状態でも やる気満々の状態でも 満足できる作品を描けないことを経験的に学んできました・・・
私の創作の歴史とは 我欲というものをなるべく無くし どうやったら自分をニュートラルな状態に置くことができるのかを 試行錯誤しながら実践してきたことになります

 それで今回の作品展では 「ニュートラルなこころ」で描いた作品を展示するだけではなく さらにご覧いただいた 皆様にも そのことをより体験していただくために お二人のゲストをお招きし コラボレーション開催することに致しました 

 そのコラボレーションとは!

・6月30日(土)11時~12時30分

  ◆お申し込み

    PCから https://www.mshonin.com/
form/?id=299826313

   携帯から https://www.mshonin.com/i/
?id=299826313


・6月30日(土)15時30分~17時 

   ◆お申し込み
    PCから https://www.mshonin.com/
form/?id=299826314

   携帯から https://www.mshonin.com/i/
?id=299826314


◆出演  岩田吉樹×加東和


スピリットベル宙音研究所代表・岩田吉樹さんとのコラボです


参加したみなさまに体験していただくことは 自分自身で実祭に音を出し その音を感じその音から感じた色や形を 大きな紙に筆で描いていただきます そして最終的には加東和が皆様の描いた線や形を元に大きな観音の作品に仕上げていくというワークショップです
 あなたの描いた線や形がほかの方々の線や形と作用しひとつの作品となる過程をお楽しみください 完成した作品は作品展に 展示させていただきます
このワークショップの目的は 音と色で皆様のイマジネーションを刺激し 表現することの楽しさを体験していただくことです
 みなさんの奏でる音の一つ一つが 音楽となり 
みなさんの描く 線や色が ひとつの絵画作品となる
ワークショップ体験です
 

◆料金   ¥3000-
 
◆静寂の世界の音って 聴いたことがありますか?


兵庫県の伝統工芸品である明珍火箸風鈴を用いた音具(スピリット・チャイム等)で祈りの響き時空を越える響きを奏でる明珍サウンド アーティスト岩田吉樹さんとのコラボです
 演奏してくださる岩田さんのテーマは「耳を澄まして、音を観る。」です
日常の価値判断を離れ イマジネーションの世界で自由に遊ぶ という体験が 現実の世界での活力となる・・・ 
視覚や聴覚を刺激する 絵画や音楽の世界はあなたの心を豊かにそして生きる力強さを与えることでしょう 
 ぜひご一緒に作品を作る体験をしてみませんか?
特別な製法で作られた 音具の静寂な響きの振動を心と体で感じ そして表現する体験は
新しいあなたとの 新しい出会いとなるかもしれません


◆特別コラボレーションⅡ「自分の力を思い出す」

7月1日(日)11時~12時
    ◆お申し込み
    PCから https://www.mshonin.com/
form/?id=299826315

    携帯から https://www.mshonin.com/i/
?id=299826315


・7月1日(日)15時~16時

    ◆お申し込み
     PCから https://www.mshonin.com/
form/?id=299826316

     携帯からhttps://www.mshonin.com/i/
?id=299826316

 

◆出演 飯島敬一×加東和

スリムビズ・アカデミーの飯島敬一氏とのコラボレーションです
耳にある神門というツボを刺激し スプーン曲げに挑戦するワークショップです
飯島氏の誘導により一番能力を発揮できる「中庸」というニョートラルな精神状態に入り
スプーンを曲げる体験をしていだきます。
このワークショップの目的は スプーンを曲げることではなく そのことによって自分の持つ能力を改めて体験することです 

◆料金 
ワークショップ ¥500―
*耳つぼだけに耳寄りな情報!!
ご希望の方には スワロフスキー使用のシールタイプの耳ツボの施術をこのワークショップの特別価格¥3000-(通常価格¥5000-)でご提供いたします

◆ところで なぜ 作品展でスプーン曲げなんですか?



私が小学生のころ テレビで見た ユリ・ゲラーのスプーン曲げ・・・
当時真似をしてやってみましたが 全然スプーンを曲げることができませんでした
自分には縁のない 特殊な能力なんだろうと諦めていました
 ところが昨年 飯島さんの「神門ワークショップ」に参加して その中で「スプーン曲げ」を体験したとこ自分でもびっくりするくらい簡単にスプーンが曲がっちゃいました・・・

 そして その時感じたのは「スプーン曲げ」をしている時の精神状態は 私が絵を書いている時の精神状態と一緒だということうことです 

つまり「スプーン曲げ」を体験することで やる気満々という状態や 意気消沈している状態でもなく 何事にもとらわれないニュートラルな状態こそが 自分の力を発揮できることを 私は絵を描く仕事を通して体験的に学んできたことを思い出しました
 
 皆様にもニュートラルな状態こそが力を発揮できるという体験をして頂き そのことを実生活に活かすきっかけとなれば 大変嬉しいです
私が絵を描くことで 皆様にお伝えしていることは 「あなたは素晴らしい!」ということです 
 また 飯島さんが「神門ワーク」を通じ 発しているメッセージも同様です
ということで作品展の会場で今回の飯島氏をお招きし コラボレーションを企画しました。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn