アドバイスと感じるか、否定と感じるか

2010年 9月 04日

カテゴリー: シンボリックセラピー

「部屋を片付けた方がいいよ」


この一言をどう感じるかは、人によって違いますね。


言った方は

☆モノがなくなって困るから

☆足の踏み場がなくて危ないから・・・

そんな理由があってのことかもしれません。


アドバイスと感じたときは

☆片付けが苦手だから、簡単なやりかたは?

☆お掃除の日を決めてみる。

☆お掃除サービスを使えるように稼ぐ・・・

片付けるための方法を考えるでしょう。


散らかっている部屋のことは

どこかに飛んで、腹が立つという反応もあるでしょう。

☆人に言われたくない

☆自分の好きにしたい

☆命令された

☆片付けができない自分はダメだと言われた・・・

自分自身が、まるで否定されたというように感じる人も

いるでしょう。


この反応の違いは、自分の潜在意識のなかに

答えがあります。

そして、その理由はひとりひとり違います。

シンボリックセラピーでは

その理由を知ることができます。



『家庭の中で、コミュニケーションを

  上手にとれるようになるための講座』


五感を磨き、自分の心の声を聞くトレーニング

シンボリックセラピービギナーコース 【120分/全15回】


2010年シンボリックセラピーワークショップ 高尾土日コース




このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn